« 明るさの競い合いをするシュワスマン・ワハマン3彗星のB核とC核 | メイン | 月下の彗星花と咲く »

大火球を見ました!

 今までの黄砂を一変に吹き飛ばすような見事な快晴に恵まれました。これこそ本当の初夏の空の蒼さです。すこし遅く出発して芸西付近には22時半ごろ到着しました。
 問題のシュワスマン・ワハマン3彗星はそろそろ天心に近くなる時刻です。
 いつもは山の入り口のコンビニに寄るのですが、今日は素通りして天文台への北向きの山道を登り始めた時、西北の低空に閃光が走りました。半月前の月が落ちかかっていましたが、突然現れた光ものに、月が二つ輝いたかと思いました。22時26分頃でした。緑色の綺麗な火の球がゆっくりと落下して4~5秒で消えました。明るさはマイナス5等級でした。位置は双子座の遥か北で西北天です。恐らく愛媛県や本州の広島県あたりでは、目撃者が多いことと思います。
 今夜の天の川も見事でした。バックが墨のように暗く、その光芒が克明に立体感をもって浮かびました。もう夏ですね。
 一連の60cmによる彗星の位置観測を終え、夜明け前の30分を久々に捜索しました。5時間ほどでしたが、充実した観測でした。明け空に低く金星が明るいですね。

クリックすると大きな画像が表示されます(121 KB)

夏の天の川
35mm F2.8 ISO 800 フィルム 20分露出

About

2006年05月02日 23:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「明るさの競い合いをするシュワスマン・ワハマン3彗星のB核とC核」です。

次の投稿は「月下の彗星花と咲く」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。