Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 X2 (Bok)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2024-3-25 21:26
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet C/2021 X2 (Bok)

2021年12月1日、Kitt PeakにあるCatalina スカイサーベイの2.25-m "Bok" 反射望遠鏡で得た
画像から見かけ上の小惑星状天体が発見され、MPEC 2021-X227でA/2021 X2と符号がつけられて
いたが、2021年と2022年、他の場所で彗星状と観測された。
R. A. Mastaler (アリゾナ大学)によると、2021年12月20.13-20.15日UT、Kitt Peakにある
Spacewatch/Steward天文台のBok 2.3-m f/9 反射望遠鏡 (+Tiffen/Wratten 黄色フィルター; 
バンドパス515-950 nm)の30-秒CCD画像から、0".8のシーイングでかすかなコマの可能性があり、
尾は見えない。光度は21.6-21.7等であった。
M. Micheliによると、2022年2月5.2日、K. J. Meech、E. Bufanda、J. KleynaとJ. V. Keane
(測定はMicheliとKleyna)が、3.6-m Canada-France-Hawaii望遠鏡で得たCCD画像に2"のコマと
p.a. 50°に約5"の尾が見えた。光度は21.4-21.7等と測定された。
彗星が恒星に見える発見前の画像は、その後2021年10月30.6日UT、HaleakalaのPan-STARRS1 
1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡(22.4-23.3等と測定)と、2021年11月8.6日、Haleakalaの
Pan-STARRS2 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡得た露出で見つけられた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
568  2022-02-05  K. J. Meech        2"        5"     50
D35  2022-08-08  Y.-C. Cheng        2".1      5"     30-330       3x420s
D35  2022-08-20  Y.-C. Cheng        2".5      7".5    0-60        5x600s
T14  2022-11-23  K. J. Meech        4"       25"     40
T14  2022-12-15  K. J. Meech        3"       15"     55

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec.  1.37798    5 13 10.91   +55 56 12.7   21.6
           1.38287    5 13 09.79   +55 56 10.6   21.8
           1.38773    5 13 08.73   +55 56 08.8
           1.39260    5 13 07.60   +55 56 06.2   21.9

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 X2 (Bok)                                                             
Epoch 2024 Mar. 31.0 TT = JDT 2460400.5                                         
T 2022 July 8.10442 TT                                  Rudenko                 
q   2.9957085            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0003083      Peri.  193.31491     +0.76779267     +0.38545525             
 +/-0.0000006      Node   228.82340     +0.63229058     -0.32687359             
e   1.0009236      Incl.  137.16104     +0.10345549     -0.86288928             
From 95 observations 2021 Oct. 30-2022 Nov. 23, mean residual 0".5.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2024 02 01    21 11 24.6 -54 06 57   6.7845  6.0253    36.9     5.6  25.0
...
2024 02 16    21 19 46.7 -53 53 57   6.8318  6.1307    41.8     6.2  25.0
...
2024 02 24    21 24 00.6 -53 55 12   6.8365  6.1870    45.8     6.6  25.1
...
2024 03 01    21 27 00.7 -54 00 01   6.8314  6.2292    49.2     6.9  25.1
2024 03 02    21 27 29.6 -54 01 09   6.8298  6.2362    49.8     7.0  25.1
2024 03 03    21 27 58.3 -54 02 23   6.8281  6.2432    50.4     7.0  25.1
...
2024 03 09    21 30 42.9 -54 11 45   6.8138  6.2854    54.2     7.4  25.2
...
2024 03 17    21 33 59.3 -54 29 45   6.7851  6.3416    59.7     7.8  25.2
...
2024 04 01    21 38 36.9 -55 20 38   6.7073  6.4468    70.7     8.4  25.2

(MPEC 2024-E08、CBET 5363)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2021 X2 (Bok) 佐藤裕久 2024-3-25 21:26

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.