Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 K1 (Leonard)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-6-20 11:43
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2370
オンライン
Comet C/2022 K1 (Leonard)

Gregory J. Leonard (アリゾナ大学)の通報によると、5月30日、Mt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で
得たCCD画像から彗星を発見した。
4枚の30秒露出では、中程度に集光した24"のコマが見えるが、明らかな尾はなかった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科:、6月
1.6日、HaleakalaにあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た2枚45-秒のwバン
ド露出では、1".4のシーイングで2".3 (半値全幅:FWHM)の拡散したコマが見えたが、尾はなかった。
しかし、点拡散関数 (PSF)から南西方向に非対称である可能性を示唆した)らCCD位置観測者によって
彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
I52  2022-05-30  A. Serrano         9"       9".5   270
I52  2022-05-31  A. Serrano        11"
I52  2022-06-01  D. Rankin          5"
F52  2022-06-01  R. Weryk           1"                          2x45s
J13  2022-06-03  F. D. Romanov      8"                         10x60s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     May  30.41297   21 29 44.52   - 7 15 11.5   19.7   Leonard
          30.41823   21 29 44.61   - 7 15 12.4   20.3     "
          30.42350   21 29 44.68   - 7 15 13.7   19.9     "
          30.42876   21 29 44.78   - 7 15 15.2   20.0     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 K1 (Leonard)                                                         
Epoch 2021 Dec. 12.0 TT = JDT 2459560.5                                         
T 2021 Dec. 22.32325 TT                                 Rudenko                 
q   4.0016621            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0062045      Peri.  143.73537     +0.27875654     +0.84109811             
 +/-0.0045760      Node   136.24323     -0.96023207     +0.23617267             
e   0.9751716      Incl.   42.08346     +0.01578520     -0.48659679             
From 27 observations 2022 May 30-June 5, mean residual 0".2.                    
                                                                                
    C/2022 K1 (Leonard)                                                         
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2021 Dec. 22.54692 TT                                 Rudenko                 
q   4.0020919            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0060256      Peri.  143.77034     +0.27927105     +0.84097211             
 +/-0.0045760      Node   136.24548     -0.96008832     +0.23680349             
e   0.9758849      Incl.   42.07653     +0.01543016     -0.48650799             
From 27 observations 2022 May 30-June 5, mean residual 0".2.                    
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 05 08    21 20 11.5 -06 07 54   4.1008  4.1653    86.6    14.0  20.3
...
2022 05 23    21 27 18.0 -06 47 24   3.9148  4.2020    99.5    13.7  20.2
...
2022 05 31    21 29 54.1 -07 17 37   3.8189  4.2229   106.7    13.3  20.2
...
2022 06 06    21 31 16.8 -07 44 57   3.7502  4.2393   112.2    12.8  20.1
2022 06 07    21 31 27.7 -07 49 55   3.7391  4.2420   113.2    12.7  20.1
2022 06 08    21 31 37.7 -07 54 59   3.7281  4.2448   114.1    12.6  20.1
...
2022 06 14    21 32 20.4 -08 27 55   3.6646  4.2618   119.8    11.9  20.1
...
2022 06 22    21 32 31.0 -09 18 26   3.5877  4.2852   127.7    10.8  20.1
...
2022 07 07    21 30 32.9 -11 12 38   3.4751  4.3315   143.1     8.1  20.1

(MPEC 2022-L53、CBET 5127)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2022 K1 (Leonard) 佐藤裕久 2022-6-20 11:43

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.