Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2016 J3 = P/2021 A3 (STEREO)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-1-25 18:25
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2203
オンライン
Comet P/2016 J3 = P/2021 A3 (STEREO)

1月4日UT、"Zwicky Transient Facility" (ZTF)と呼ばれるサーベイで、Palomarにある1.2-m 
Schmidt望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が発見された。
小惑星センターのNEOCP webpageとPCCP webpageに公表された。Maik Meyer (Limburg, ドイツ)は、
おそらくP/2016 J3 (CBET 4281を参照)の検出であると指摘した。
小惑星センターは明らかに同一であることを確認し、すぐにこの彗星をPCCP webpageから外した。
このニュースと観測は、海外の彗星メーリングリスト(comets-ml)で議論された。
2020年12月19.1日UT、Mt Lemmonのより早い検出の観測は、後で確認されて指摘された両方の
websiteに掲載された。

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  4.09131   21 41 10.43   - 3 30 56.2   19.1
           4.09374   21 41 10.71   - 3 31 00.4   18.7
           4.09616   21 41 11.02   - 3 31 04.1   19.0
           4.09859   21 41 11.35   - 3 31 08.3   19.1
           5.07856   21 43 19.01   - 3 58 38.8   18.6
           5.08101   21 43 19.31   - 3 58 43.0   18.6
           5.08345   21 43 19.64   - 3 58 47.1   18.5
           5.08590   21 43 19.91   - 3 58 51.9   18.6

K. Sarneczky (Konkoly天文台, ハンガリー): 1月7.69日UT, 60秒露出3枚のスタック, Piszkesteto
観測所の0.60-m Schmidt望遠鏡; 集光した8" のコマと拡がった尾または外のコマが少なくとも1'、
p.a. 180-270°に拡がっっている。1月8.70日、60秒露出3枚のスタック, 集光した12"-14"のコマと
p.a. 65°に40"の狭いイオンの尾と広くp.a. 210〜260°に1'のアンチテイルの2つの尾が見えた)、

M. Jaeger (Vienna, オーストリア,): 1月7.7日と10.7日, StixendorfでE. Prosperi, S.Prosperi
と共同で観測, 0.3-m f/4 反射望遠鏡; 2'.5 x 2'の扇状のコマが見え、内側のコマの全光度はそれ
ぞれ14.6等と13.9等で明らかに増光を示している)、

佐藤英貴氏(東京都文京区): 1月8.06日, CCD画像, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, 
ニューメキシコ州, 遠隔操作; 強く集光した1'.0 のコマとp.a. 200-290°に跨いで1'.0の扇のよ
うな尾が見える。30".6の円形範囲で測定した光度は14.7等であった)、

吉本勝己氏(山口県熊毛郡平生町): 1月9.06日, 0.43-m f/6.8 反射望遠鏡, Mayhill近郊; 全光度
12.7等で1'.0のコマとp.a. 230°に1'.3 の広がった尾が見える)、

佐藤裕久 (福島県須賀川市)が測定・報告, 池村俊彦氏が観測, 新城観測所, 1月9.38日, 60秒露出
9枚のスタック, 0.35-m f/5 反射望遠鏡; 強く集光した約12"のコマとp.a. 229°に向かって約20"
の尾が見える)、

門田健一氏 (埼玉県上尾市): 1月9.37日, 0.25-m f/5 反射望遠鏡; 全光度14.1等で1'.6 のコマと
p.a. 238°に向かって1'.1の扇状の尾があり、10.38日は、全光度14.0等で1'.8 のコマとp.a. 240°
に向かって1'.2 の扇状の尾がある)ら、CCD位置観測者によって彗星状と観測された。

上記の観測は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Jan.  7.68700   21 48 48.84   - 5 21 15.3          Sarneczky
           7.69317   21 48 49.47   - 5 21 29.0            "
           7.69440   21 48 49.68   - 5 21 31.9   17.1     "
           7.71059   21 48 51.59   - 5 22 05.3   17.4   Jaeger
           7.71695   21 48 52.38   - 5 22 18.5   17.3     "
           8.05532   21 49 33.58   - 5 34 08.1          Sato
           8.05879   21 49 34.06   - 5 34 15.1   14.7     "
           8.69173   21 50 50.32   - 5 57 13.5   16.9   Sarneczky
           8.70121   21 50 51.42   - 5 57 34.6   17.1     "
           9.05672   21 51 33.37   - 6 10 53.0          Yoshimoto
           9.05933   21 51 33.65   - 6 10 58.5            "
           9.06194   21 51 34.00   - 6 11 04.4   14.4     "
           9.37242   21 52 10.35   - 6 23 00.1          Ikemura
           9.37295   21 52 10.38   - 6 23 01.7   14.1   Kadota
           9.37859   21 52 11.05   - 6 23 14.7   14.7   Ikemura
           9.38172   21 52 11.36   - 6 23 22.1          Kadota
           9.38561   21 52 11.85   - 6 23 30.7          Ikemura
           9.39050   21 52 12.39   - 6 23 42.3          Kadota
           9.40176   21 52 13.66   - 6 24 08.0            "
           9.40936   21 52 14.51   - 6 24 26.2            "
          10.37582   21 54 04.57   - 7 03 21.2   14.0     "
          10.38266   21 54 05.33   - 7 03 38.5            "
          10.38949   21 54 06.08   - 7 03 55.5            "
          10.41311   21 54 08.66   - 7 04 54.7            "
          10.41897   21 54 09.28   - 7 05 09.4            "
          10.70303   21 54 40.92   - 7 17 10.2   16.4   Jaeger
          10.70748   21 54 41.40   - 7 17 21.9   16.4     "
          10.71415   21 54 42.11   - 7 17 38.8   16.6     "

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2016 J3 (STEREO)                                                          
Epoch 2025 Oct. 12.0 TT = JDT 2460960.5                                         
T 2025 Sept. 26.32524 TT                                Spoto                   
q   0.5241671            (2000.0)            P               Q                  
n   0.21121253     Peri.  210.70657     -0.27662678     -0.87903261             
a   2.7924770      Node   257.81736     +0.94250237     -0.16932164             
e   0.8122931      Incl.   23.40632     +0.18752842     -0.44568133             
P   4.67                                                                        
From 196 observations 2016 May 11-2021 Jan. 11, mean residual 0".4.             
                                                                                
    P/2016 J3 (STEREO)                                                          
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 Jan. 25.38542 TT                                 Spoto                   
q   0.5263802            (2000.0)            P               Q                  
n   0.21091034     Peri.  210.73275     -0.27668061     -0.87919146             
a   2.7951437      Node   257.79129     +0.94248139     -0.16948465             
e   0.8116805      Incl.   23.38333     +0.18755445     -0.44530589             
P   4.67                                                                        
From 196 observations 2016 May 11-2021 Jan. 11, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 12 13    20 54 28.4 +02 27 23   1.0643  0.9927    57.8    57.1  19.1
...
2020 12 28    21 25 27.0 -00 54 31   0.9099  0.7802    48.5    70.7  16.6
...
2021 01 05    21 43 09.2 -03 56 14   0.8044  0.6751    42.9    82.8  15.1
...
2021 01 11    21 55 13.5 -07 29 46   0.7178  0.6071    37.9    95.5  13.9
2021 01 12    21 56 58.4 -08 14 49   0.7032  0.5972    37.0    98.0  13.8
2021 01 13    21 58 36.6 -09 03 07   0.6886  0.5877    36.0   100.5  13.6
...
2021 01 19    22 05 01.6 -15 11 36   0.6047  0.5437    29.3   117.8  12.6
...
2021 01 27    21 58 26.5 -26 59 41   0.5228  0.5275    20.5   139.3  12.0
...
2021 02 11    20 49 05.5 -47 11 32   0.5235  0.6308    34.6   117.2  13.6

(CBET 4911、MPEC 2021-A157)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet P/2016 J3 = P/2021 A3 (STEREO) 佐藤裕久 2021-1-25 18:25

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.