Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2023 Y1 (Gibbs)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-12-24 2:08
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet P/2023 Y1 (Gibbs)

A. R. Gibbsの通報によると、12月17日、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た30-秒CCD
露出から彗星を発見した。
シーイングは最高で、コンパクトな5"ほどのコマがあり、尾はp.a. 285°に視野の星に重なってい
た。その後、4枚のフォローアップ80-秒露出では、p.a. 290°に25" の真直ぐで細い尾がある。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)は、
12月17.6日UT、HaleakalaにあるPan-STARRS2 1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た4枚のw-
バンドサーベイ画像から、およそ1".6のシーイングで、2".0(半値全幅:FWHM)の非常に拡散したコマ
が見え、p.a. 290°に5" の尾がある。11月24.6日 (21.5-22.0等)には、発見前の一見流星状のPan-
STARRS2の画像も見つかった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G96  2023-12-17  A. R. Gibbs        6"       25"    290           4x80s
F52  2023-12-17  R. Weryk           0".4      5"    290           4x45s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Dec. 17.50149   11 15 19.51   +12 09 13.9          Gibbs
          17.50665   11 15 19.91   +12 09 13.0   20.4     "
          17.51181   11 15 20.38   +12 09 12.2   20.7     "
          17.53335   11 15 22.00   +12 09 07.2   20.1     "
          17.53434   11 15 22.00   +12 09 06.9            "
          17.53533   11 15 22.10   +12 09 07.0            "
          17.53633   11 15 22.20   +12 09 06.6            "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2023 Y1 (Gibbs)                                                           
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2023 Nov. 29.03062 TT                                 Bell                    
q   2.0640538            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14855953     Peri.   51.47132     -0.63498128     -0.76491792             
a   3.5307669      Node    78.29582     +0.66995910     -0.61496386             
e   0.4154092      Incl.    6.34184     +0.38464734     -0.19162470             
P   6.63                                                                        
From 23 observations 2023 Nov. 24-Dec. 19, mean residual 0".4.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
...
2023 12 04    10 55 57.0 +13 09 23   1.7964  2.0644    91.0    28.5  21.5
...
2023 12 12    11 07 49.8 +12 31 00   1.7139  2.0665    96.2    28.3  21.4
...
2023 12 18    11 15 58.4 +12 07 30   1.6535  2.0692   100.2    27.9  21.4
2023 12 19    11 17 15.7 +12 04 04   1.6436  2.0698   100.9    27.8  21.3
2023 12 20    11 18 31.7 +12 00 48   1.6338  2.0703   101.6    27.7  21.3
...
2023 12 26    11 25 40.8 +11 44 17   1.5757  2.0745   106.0    27.1  21.3
...
2024 01 03    11 33 55.1 +11 31 27   1.5018  2.0815   112.1    26.0  21.2
...
2024 01 18    11 44 42.6 +11 38 42   1.3775  2.0995   124.7    22.7  21.0

(MPEC 2023-Y60、CBET 5328)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.