Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 V4 (Camarasa-Duszanowicz)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-11-28 18:09
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet C/2023 V4 (Camarasa-Duszanowicz)

Jordi Camarasa (Sabadell, Barcelona, スペイン)の通報によると、11月5.1日UT、Grzegorz 
Duszanowicz (Akersberga, スウェーデン)と彼自身、ナミビアのHakos "Astro Farm"の"Moonbase 
South 天文台"にある2台の0.28-m f/1.9 Schmidt-Cassegrain (Celestron C11)望遠鏡で得た、
CMOSカメラの画像からやや拡散した彗星の発見した。
CamarasaとDuszanowiczは、11月5.81-5.85日、Celestron 14 f/7 望遠鏡によるフォローアップ観測
によると、この天体の尾は明瞭で、彗星であることは明らかであった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,11月6.2日UT、60-秒露出8枚の
スタック, "Deep Sky Chile" 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Rio Hurtado, チリ, 遠隔操作:強く
集光した8" のコマが見え、p.a. 340°に向かって10" の尾がある。4".3.の円形範囲で測定した光度
は18.8等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
L87  2023-11-05  J. Camarasa        3"       14".5  319
L87  2023-11-05  G. Duszanowicz     3"       14".5  319
L87  2023-11-05  G. Duszanowicz     9"       14"    145          29x60s
L09  2023-11-05  A. Hale            4"       10"    315
L81  2023-11-05  N. Paul            6".8      8".8  310          10x60s
X09  2023-11-06  S. Deen            2".5     14"     17-25
X07  2023-11-06  H. Sato            8"       10"    340           8x60s
X07  2023-11-07  T. Prystavski      6"       18"    333          10x60s
194  2023-11-07  M. Jaeger         11"        8"    340

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov.  5.05544    3 54 14.20   -48 50 30.8   18.7   Camarasa
           5.06154    3 54 13.59   -48 50 30.9   18.5     "
           5.06612    3 54 13.04   -48 50 31.1   18.6     "
           5.06765    3 54 12.88   -48 50 31.4   18.6     "

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 V4 (Camarasa-Duszanowicz)                                            
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 May 29.30747 TT                                  Rudenko                 
q   1.1227756            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0082632      Peri.   50.54301     -0.01810594     -0.53657333             
 +/-0.0024867      Node    66.24773     +0.36123994     -0.79030983             
e   1.0092777      Incl.   67.18098     +0.93229710     +0.29580304             
From 73 observations 2023 Nov. 5-10, mean residual 0".5.                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 10 12    04 27 26.8 -46 33 40   2.9039  3.3827   110.3    16.1  19.6
...
2023 10 27    04 09 20.5 -48 18 15   2.6960  3.2180   113.1    16.5  19.2
...
2023 11 04    03 56 08.7 -48 48 20   2.5982  3.1294   113.5    16.9  19.0
...
2023 11 10    03 44 53.4 -48 54 03   2.5315  3.0626   113.4    17.3  18.9
2023 11 11    03 42 55.3 -48 53 22   2.5210  3.0514   113.3    17.3  18.9
2023 11 12    03 40 56.0 -48 52 12   2.5107  3.0402   113.2    17.4  18.8
...
2023 11 18    03 28 37.8 -48 34 15   2.4522  2.9730   112.4    17.9  18.7
...
2023 11 26    03 11 48.9 -47 39 08   2.3842  2.8830   110.6    18.7  18.5
...
2023 12 11    02 42 17.8 -44 16 05   2.2876  2.7128   104.9    20.5  18.1

(MPEC 2023-V192、CBET 5315)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.