Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2010 TO20 = 2023 H6 (LINEAR-Grauer)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-7-31 12:34
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2505
オンライン
Comet P/2010 TO20 = 2023 H6 (LINEAR-Grauer)

M. Micheliと C. Schambeauは、4月20日〜5月25日、チリのCerro Pachonにある8.1-m Gemini
南望遠鏡で恒星状のP/2010 TO20(IAUC 9235を参照)を検出した。
NK 2433 (= ICQ Comet Handbook 2020)の中野主一氏の予報に対する修正値は、Delta(T) = 
-1.01 daysであった。
MPC 98558のG. V. Williamsの予報に対する修正値は、Delta(T) = -2.24 daysであった。
彗星年表2021の佐藤裕久の予報軌道に対する修正値は、Delta(T) = -2.25 daysであった。

検出位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Apr. 20.39241   22 15 31.81   -13 13 43.7   23.0   Schambeau
          20.39416   22 15 31.87   -13 13 43.4   23.1     "
          20.39591   22 15 31.95   -13 13 42.9            "
          20.39766   22 15 32.00   -13 13 42.8   23.2     "
          20.39941   22 15 32.06   -13 13 42.5   23.6     "
          20.40118   22 15 32.13   -13 13 42.0   22.9     "
          20.40293   22 15 32.19   -13 13 41.8            "
          20.40468   22 15 32.25   -13 13 41.5   23.2     "
     May  25.32041   22 32 24.30   -11 49 44.2   22.8     "
          25.32567   22 32 24.41   -11 49 43.8   22.7     "
          25.33093   22 32 24.51   -11 49 43.3   23.3     "

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2010 TO20 (LINEAR-Grauer)                                                 
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2022 Dec. 1.16787 TT                                  Rudenko                 
q   5.5083261            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06997283     Peri.  267.79298     +0.65630552     +0.75391254             
a   5.8324331      Node    43.27442     -0.67390855     +0.60342316             
e   0.0555698      Incl.    2.47877     -0.33927914     +0.25980063             
P  14.1                                                                         
From 92 observations 2009 July 14-2023 May 25, mean residual 0".8.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 06 27    22 37 45.2 -11 32 16   4.9680  5.5199   118.1     9.4  19.9
...
2023 07 12    22 36 18.4 -11 46 41   4.7806  5.5216   132.8     7.8  19.8
...
2023 07 20    22 34 33.2 -11 59 38   4.6970  5.5226   140.9     6.7  19.8
...
2023 07 26    22 32 49.9 -12 11 23   4.6435  5.5234   147.0     5.7  19.8
2023 07 27    22 32 30.8 -12 13 29   4.6354  5.5235   148.1     5.6  19.8
2023 07 28    22 32 11.2 -12 15 38   4.6275  5.5236   149.1     5.4  19.7
...
2023 08 03    22 30 03.7 -12 29 14   4.5857  5.5244   155.4     4.4  19.7
...
2023 08 11    22 26 50.7 -12 48 51   4.5448  5.5255   163.8     2.9  19.7
...
2023 08 26    22 20 04.9 -13 27 20   4.5178  5.5275   177.1     0.5  19.7

(MPEC 2023-O88、CBET 5283)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.