Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/1951 G1 (Groeneveld)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-3-24 9:55
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2494
オンライン
Comet C/1951 G1 (Groeneveld)

Ingrid Groeneveldによって10分露出のブリンクで明白な彗星が発見され、1950年〜1951年
にかけて、Cook天文台が貸し出した25-cm f/7 Ross-Feckerアストログラフにより、McDonald
天文台で行われた小惑星の系統的な調査過程で、一夜(1951年4月2日)に、H. Rubinghによっ
て得たプレート上から見つかり、1954年初頭IAUC 1437に報告された。
M. MeyerとG. W. Kronkは、近々出す本のために、古く未確認の彗星の観測を探す作業の一環
として、1951年の追加の夜間に撮影されたプレートについて、M. Meyer、G. W. KronkとW. 
H. Osbornによって同定された。
この彗星は、約10" のコマを示し、p.a. 290-340°に最大40"まで拡張している。
小惑星センターはこの彗星符号をX/からC/に変更した。WGSBNはGroeneveldという名称を割
り当てた。

Meyerが再測定したX/1951 G1の発見位置は次のとおり、

     1951 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Apr.  2.17361   12 07 37.90   +13 19 52.5   15.3   Rubingh
           2.22292   12 07 36.28   +13 19 49.4   14.9     "

同定した位置は次のとおり、

     1951 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Mar. 31.24444   12 08 38.57   +13 21 29.6   14.3   Rubingh
     Apr.  1.25069   12 08 06.82   +13 20 41.8   14.4     "
           1.29167   12 08 05.40   +13 20 40.1   14.6     "
           2.26250   12 07 34.97   +13 19 46.3   14.0     "
           3.30556   12 07 02.29   +13 18 40.9   14.5     "
           4.26181   12 06 32.83   +13 17 38.4   14.5     "
           7.30208   12 05 00.24   +13 13 35.7   15.0     "

MPCの放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/1951 G1 (Groeneveld)                                                      
T 1951 Nov. 6.58940 TT                                  Rudenko                 
q   3.6430136            (2000.0)            P               Q                  
                   Peri.  187.46920     -0.78048477     +0.60239170             
                   Node    31.55162     -0.55579277     -0.54609910             
e   1.0            Incl.   18.63870     -0.28624800     -0.58215119             
From 9 observations 1951 Mar. 31-Apr. 7.                                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 02 14    01 08 12.2 +02 01 56  93.7367 93.1315    52.0     0.5  35.1
...
2023 03 01    01 08 37.2 +02 05 12  93.9570 93.1686    37.1     0.4  35.1
...
2023 03 09    01 08 52.9 +02 07 07  94.0533 93.1883    29.2     0.3  35.1
...
2023 03 15    01 09 05.5 +02 08 37  94.1148 93.2031    23.4     0.2  35.1
2023 03 16    01 09 07.7 +02 08 52  94.1241 93.2056    22.4     0.2  35.1
2023 03 17    01 09 09.9 +02 09 07  94.1331 93.2081    21.5     0.2  35.1
...
2023 03 23    01 09 23.3 +02 10 39  94.1814 93.2229    15.8     0.2  35.1
...
2023 03 31    01 09 41.9 +02 12 42  94.2299 93.2427     8.7     0.1  35.1
...
2023 04 15    01 10 17.4 +02 16 27  94.2708 93.2797     8.8     0.1  35.1

(MPEC 2023-F18、CBET 5234)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.