Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 S3 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-11-7 0:15
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2485
オンライン
Comet C/2023 S3 (Lemmon)

9月25日、Mt Lemmonの1.5-m反射望遠鏡で小惑星状天体が発見された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、中央局からの要請を受けて、D. Rankinは、10月11.4日
UT、Mt Lemmonの画像を調べたところ、尾のない高密度に集光したコマを明らかにした。
L. Buzzi (Varese, イタリアは、10月8.1日, 0.84-m f/3.5 反射望遠鏡, 観測はG. Galliと彼、
測定はBuzzi、GalliとA. Aletti: 天体が光度20.1等の恒星状に見えたと書き込んだ。
佐藤英貴氏(東京都文京区、10月10.4日, 60-秒露出16枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ,
Utah Desert Remote 天文台, Beryl Junction近郊, ユタ州, 米国, 遠隔操作:強く集光した8"のコマ
が見え、p.a. 260°に向かって、10"の尾の気配がある。4".9の円形範囲で測定した光度は19.2等で
あった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
U94  2023-10-10  H. Sato            8"       10"    260          16x60s 
G40  2023-10-26  A. J. Evans        6".5
L76  2023-10-30  E. Romas           6"
903  2023-10-31  M. Yoshimi        15"                           70x15s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.25.45385    5 30 00.50   +23 59 40.2   19.9
          25.45900    5 30 00.37   +23 59 35.1   20.4
          25.46414    5 30 00.16   +23 59 30.9   20.1
          25.46927    5 29 59.99   +23 59 27.7   20.1

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 S3 (Lemmon)                                                          
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 Jan. 19.62335 TT                                 Rudenko                 
q   0.8300699            (2000.0)            P               Q                  
n   0.00649481     Peri.  281.57653     +0.49179182     -0.70313869             
a  28.4506188      Node   233.83277     -0.31001196     -0.69255760             
e   0.9708242      Incl.  140.49555     -0.81365434     -0.16112090             
P 152                                                                           
From 327 observations 2023 Sept. 25-Nov. 1, mean residual 0".4.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 10 02    05 25 02.1 +22 15 43   1.4588  1.9876   106.3    28.9  19.8
...
2023 10 17    04 57 47.1 +15 20 53   1.0006  1.7936   127.8    26.1  18.5
...
2023 10 25    04 27 05.6 +08 15 29   0.7880  1.6894   142.5    21.0  17.8
...
2023 10 31    03 51 20.9 +00 05 59   0.6612  1.6110   153.2    16.1  17.2
2023 11 01    03 44 02.5 -01 32 34   0.6441  1.5980   154.4    15.6  17.1
2023 11 02    03 36 18.7 -03 15 50   0.6284  1.5849   155.2    15.2  17.0
...
2023 11 08    02 41 00.0 -14 46 30   0.5689  1.5067   148.8    19.9  16.6
...
2023 11 16    01 10 49.4 -28 52 21   0.5936  1.4032   122.9    36.3  16.3
...
2023 12 01    22 54 34.7 -38 31 07   0.8585  1.2145    82.0    53.5  16.5

(MPEC 2023-V01、CBET 5310、oaa-comet 5708)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.