Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2002 T6 = 2023 RL75 (NEAT-LINEAR)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-10-31 21:47
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2485
オンライン
Comet P/2002 T6 = 2023 RL75 (NEAT-LINEAR)

M. Rudenko (小惑星センター)の報告によると、9月9日UT、E. Schwabは、Calar Altoにある
0.8-m f/3 Schmidt望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体を見つけた。
小惑星センターによって、小惑星符号2023 RL75がつけられ、P/2002 T6 (IAUC 8002を参照)
と同定された。
10月24日、Alessandro Odassoは海外のメーリングリストMpmlで2023 RL75とP/2002 T6の同一
性を指摘し、Sam Deenはリンク軌道を投稿していた。
佐藤英貴氏 (東京都文京区)は、オンライン・ディスカッション・グループの投稿がきっかけ
として、この彗星を観測した (10月25.2日, 120-秒露出11枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アス
トログラフ, "Deep Sky Chile", Rio Hurtado, チリ, 遠隔操作:中程度に集光した4"のコマが
見えるが尾はない。2".2の円形範囲で測定した光度は19.3等であった)。
NK 1066 (= ICQ Comet Handbook 2021)の中野主一氏の予報に対する修正値は、Delta(T) 
= -0.64 dayであった。
MPC 109588のG. V. Williamsの予報に対する修正値は、Delta(T) = -0.62 dayであった。
彗星年表2022の佐藤裕久の参考軌道に対する修正値は、Delta(T) = -0.63 dayであった。

2023 RL75の発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept. 9.09250    1 01 53.60   +10 40 13.5   21.7   Schwab
           9.11089    1 01 53.27   +10 40 10.1   21.4     "
           9.12929    1 01 52.96   +10 40 06.9   21.2     "

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2002 T6 (NEAT-LINEAR)                                                     
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 July 17.56474 TT                                 Rudenko                 
q   3.3863758            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04540803     Peri.  219.29044     +0.42234402     -0.90265547             
a   7.7812190      Node   206.04107     +0.87185433     +0.42949643             
e   0.5648014      Incl.   10.85751     +0.24798298     +0.02731162             
P  21.7                                                                         
From 471 observations 2002 Sept. 15-2023 Oct. 25, mean residual 1".0.           
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 09 30    00 54 02.8 +09 13 55   2.9425  3.9322   169.7     2.6  18.8
...
2023 10 15    00 47 00.3 +07 54 50   2.8922  3.8831   172.4     2.0  18.7
...
2023 10 23    00 43 24.5 +07 11 27   2.8925  3.8575   163.6     4.2  18.7
...
2023 10 29    00 40 59.4 +06 40 01   2.9046  3.8387   157.0     5.8  18.7
2023 10 30    00 40 37.1 +06 34 56   2.9076  3.8355   155.9     6.1  18.7
2023 10 31    00 40 15.3 +06 29 54   2.9109  3.8324   154.8     6.3  18.7
...
2023 11 06    00 38 18.7 +06 01 05   2.9358  3.8140   148.1     7.9  18.7
...
2023 11 14    00 36 25.7 +05 27 06   2.9826  3.7898   139.5     9.8  18.7
...
2023 11 29    00 35 29.9 +04 41 05   3.1058  3.7458   123.8    12.6  18.7

(MPEC 2023-U279、CBET 5306、oaa-comet 5699)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.