Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 Q1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-10-17 10:04
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2505
オンライン
Comet C/2023 Q1 (PANSTARRS)

P. Veres (小惑星センター)によると、MPCの"isolated tracklet file"にある8月20日から9月20日
にかけて一夜観測のうち、これまで結合されていなかった5組を結合した。
その結果、準放物線軌道がこれらの観測に適合していることに気づいた。Veresは、R. Weryk (西オ
ンタリオ大学,物理および天文学科)に、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射
望遠鏡で得た画像のチェックを依頼した。
Werykは、二夜に弱い活動の彗星を見つけた。8月20.6日UT、3枚の45-秒w-バンドサーベイ画像ては、
0".85のシーイングで、1".0 (半値全幅:FWHM)の非常に集光した頭部が見えた。尾はない。9月17.4日、
4枚の45-秒w-バンドサーベイ画像ては、1".1のシーイングで、1".4 (FWHM)の非常に集光した頭部が
見えた。尾はない。
Werykは、また発見前の7月25.6日(22.5-23.0等)のPan-STARRS1の画像と7月26.6日(22.1等)と29.6日
(22.7-22.8等)のPan-STARRS2画像を確認した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区、9月23.7日UT, 60-秒CCD露出
23枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, オーストラリア,遠隔操作: 
強く集光した6"のコマが見えるが尾はない。4".9の円形範囲で測定した
光度は20.4等であった)によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2023-09-17  R. Weryk           0".2                          4x45s
Q62  2023-09-23  H. Sato            6"                           23x60s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug. 20.55451    0 40 52.32   - 0 49 25.5   22.0
          20.56726    0 40 52.05   - 0 49 24.9   22.3
          20.57997    0 40 51.75   - 0 49 24.3   22.0

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 Q1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 Dec. 1.07056 TT                                  Rudenko                 
q   2.5721182            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0022490      Peri.   84.47229     -0.00387555     -0.99721549             
 +/-0.0000014      Node     7.15867     +0.50089584     -0.06639330             
e   1.0057847      Incl.   36.69919     +0.86549890     +0.03395887             
From 46 observations 2023 July 25-Sept. 27, mean residual 0".1.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 09 03    00 35 09.2 -00 44 05   4.2667  5.1784   151.9     5.3  20.3
...
2023 09 18    00 26 35.0 -00 43 48   4.0760  5.0641   168.2     2.3  20.1
...
2023 09 26    00 21 20.9 -00 44 33   4.0019  5.0032   176.4     0.7  20.0
...
2023 10 02    00 17 15.8 -00 44 50   3.9596  4.9575   174.9     1.0  19.9
2023 10 03    00 16 34.5 -00 44 50   3.9537  4.9499   173.8     1.2  19.9
2023 10 04    00 15 53.2 -00 44 48   3.9480  4.9423   172.8     1.5  19.9
...
2023 10 10    00 11 45.8 -00 44 09   3.9209  4.8966   166.2     2.8  19.9
...
2023 10 18    00 06 24.5 -00 41 25   3.9020  4.8358   157.1     4.6  19.8
...
2023 11 02    23 57 29.8 -00 27 48   3.9158  4.7219   140.3     7.7  19.7

(MPEC 2023-T08、CBET 5300)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.