Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-3-24 9:52
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)

2月22日UT、南アフリカ Sutherlandにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid 
Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m f/2 
Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が発見された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、2023年1月9日に、紫金山天文台(PMO)XuYi観
測所による観測がMPCの"isolated tracklet file"に入っていることがわかった。
M. RudenkoとP. Veres (MPC)の更なる調査によると、PMO天体は、1月に小惑星センター
のNEOCP webpageに掲載され、1月30日まで掲載されていた。追加観測の報告がないため
失われたと推定され削除されていた。 このため、PMO彗星に用いられてきた伝統的な名称
(紫金山:Tsuchinshan)がつけられた。
小惑星センターのPCCP webpageにこの天体が掲載された結果、Q.-z. Ye (2022年12月22.55-
22.56日UT. 発見前の観測, Palomarの1.2-m Schmidt望遠鏡, p.a. 240°の方向に10"の尾が
見える。r光度は19.2〜19.6等であった)や佐藤英貴氏(東京都文京区、2月23.75-23.76日, 
120-秒露出6枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, オースト
ラリア,遠隔操作: 強く集光した6"のコマが見えるが尾はない。4".9の円形範囲で測定した
光度は18.1等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

 
彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2023-02-25  R. Fidrich         9"
Q62  2023-02-23  H. Sato            6"                            6x120s
V21  2023-02-27  D. T. Durig        8"
Y00  2023-02-28  C. Jacques        11"                           100x30s

ATLASによる発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 22.08359   15 22 38.19   - 1 22 22.0   18.0
          22.08675   15 22 38.17   - 1 22 21.6   18.1
          22.09262   15 22 38.11   - 1 22 20.8   18.0
          22.10270   15 22 38.06   - 1 22 19.0   18.1

PMOによる発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  9.89711   15 19 15.64   - 2 18 29.4   18.7
           9.90663   15 19 15.84   - 2 18 29.1   19.0
           9.91614   15 19 15.95   - 2 18 29.4   19.0

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)                                               
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2024 Sept. 28.55963 TT                                Rudenko                 
q   0.3904059            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0006401      Peri.  308.59081     +0.36275685     +0.90020587             
 +/-0.0030246      Node    21.58224     +0.91805884     -0.30086181             
e   0.9997501      Incl.  139.08539     -0.15992321     +0.31481988             
From 155 observations 2022 Dec. 22-2023 Feb. 28, mean residual 0".3.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 01 29    15 22 35.9 -02 04 57   7.6331  7.5265    80.1     7.4  18.2
...
2023 02 13    15 23 15.0 -01 41 42   7.2509  7.3966    94.6     7.6  18.0
...
2023 02 21    15 22 45.1 -01 24 53   7.0479  7.3268   102.6     7.6  17.9
...
2023 02 27    15 21 57.3 -01 10 22   6.8982  7.2743   108.6     7.4  17.8
2023 02 28    15 21 47.2 -01 07 48   6.8735  7.2656   109.6     7.4  17.8
2023 03 01    15 21 36.4 -01 05 11   6.8490  7.2568   110.6     7.3  17.8
...
2023 03 07    15 20 18.2 -00 48 43   6.7043  7.2041   116.6     7.1  17.7
...
2023 03 15    15 17 57.6 -00 24 45   6.5195  7.1335   124.8     6.6  17.6
...
2023 03 30    15 11 41.8 +00 24 42   6.2067  7.0002   139.9     5.3  17.4

(MPEC 2023-D77、CBET 5228)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.