Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 C3 (Catalina)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-3-13 12:21
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2212
オンライン
Comet C/2021 C3 (Catalina)

2月7日、Catalinaスカイサーベイの0.68-m Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状
天体が発見された。後に報告された1月16日に発見前の観測がある。
佐藤英貴氏(東京都文京区, 2月8.7日UT、60秒露出10枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストロ
グラフ, Siding Spring, NSW, 遠隔操作:恒星状に見える。4".9の円形範囲で測定した光度
は19.5等であった。2月21.77日、追加60秒露出10枚のスタック:強く集光した12"のコマと
p.a. 210°に向かって15" の尾の気配がある。6".5.の円形範囲で測定した光度は18.3等で
あった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
204  2021-02-11  A. Aletti          9"x6" 
Q62  2021-02-21  H. Sato            12"     15"    210           10x60s
N51  2021-02-21  K. Sharma           6"      9"    170            4x300s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan. 16.51959   13 53 02.65   -24 17 50.6   20.2
          16.52473   13 53 02.65   -24 17 46.9
          16.52987   13 53 02.65   -24 17 41.6
          16.53502   13 53 02.54   -24 17 37.8
     Feb.  7.45973   13 38 19.58   -15 59 04.5   19.1
           7.46522   13 38 19.25   -15 58 53.3   19.7
           7.47072   13 38 18.81   -15 58 45.0   19.4

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 C3 (Catalina)                                                        
Epoch 2021 Jan. 26.0 TT = JDT 2459240.5                                         
T 2021 Feb. 12.35644 TT                                 Rudenko                 
q   2.2761988            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0164550      Peri.  357.11728     -0.99728000     -0.06804523             
 +/-0.0000000      Node   181.91735     -0.03826096     +0.14943889             
e   0.9625451      Incl.  122.15010     -0.06299755     +0.98642682             
From 130 observations 2021 Jan. 16-Feb. 26, mean residual 0".5.                 
                                                                                
    C/2021 C3 (Catalina)                                                        
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 Feb. 12.35675 TT                                 Rudenko                 
q   2.2761998            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0164698      Peri.  357.11739     -0.99727992     -0.06804507             
 +/-0.0000000      Node   181.91757     -0.03826357     +0.14942893             
e   0.9625115      Incl.  122.14953     -0.06299728     +0.98642834             
From 130 observations 2021 Jan. 16-Feb. 26, mean residual 0".5.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 01 27    13 48 37.1 -21 00 51   1.9894  2.2835    94.2    25.5  19.1
...
2021 02 11    13 33 45.9 -14 02 00   1.6726  2.2763   115.3    23.1  18.7
...
2021 02 19    13 20 42.8 -08 47 55   1.5282  2.2774   128.3    19.9  18.5
...
2021 02 25    13 08 17.4 -04 04 30   1.4397  2.2806   138.9    16.6  18.4
2021 02 26    13 05 59.8 -03 13 22   1.4270  2.2813   140.7    15.9  18.4
2021 02 27    13 03 38.4 -02 21 11   1.4149  2.2821   142.6    15.3  18.3
...
2021 03 05    12 48 13.1 +03 11 15   1.3573  2.2879   153.4    11.2  18.3
...
2021 03 13    12 24 39.0 +11 05 51   1.3251  2.2986   164.6     6.6  18.2
...
2021 03 28    11 36 00.6 +24 49 06   1.4109  2.3278   149.7    12.5  18.4

(MPEC 2021-D112、CBET 4936)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.