Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 A10 (NEOWISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-2-21 12:52
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2212
オンライン
Comet C/2021 A10 (NEOWISE)

1月26日UT、Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球
近傍天体広域赤外線探査衛星以前の、WISE:広域赤外線探査衛星;CBET 4225参照)で得た
赤外線画像から小惑星状天体が発見された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、地上のCCD観測者によって彗星であることが
報告された。
地上の観測が報告された後、J.P.Chesley (Jet推進研究所)は、中央局からの問い合わせ
で発見したNEOWISE画像を再チェックした。彼女は、彼女ら2人組がいくらかファジーな
彗星状であると報告した。4.6-ミクロン W2チャンネルにおいて、この情報源は、彗星の
コマの存在を示唆して、標準的な点拡散関数 (PSF)約2倍の広さと思われる。
R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)は、彼が2020年12月26.65日、HaleakalaにあるPan-
STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た発見前の4枚の45秒w-バンドサーベイ
で確認したと報告した。
 、L. Buzzi (Varese, イタリア, 2月2.2日, 15秒120枚のスタック, 0.84-m f/3.5 反射
望遠鏡, 測定はA. Aletti; 非常にコンパクトな5"のコマと西に向かって約7"のかすかな
尾が見える。光度は19.4等)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
B49  2021-02-01  J. Camarasa       15".5     
204  2021-02-02  L. Buzzi           5"      7"     270          120x15s
J95  2021-02-04  P. Birtwhistle     6"     14"     240-270      240x14s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan. 12.16262   13 46 18.01   + 8 20 44.3   19
          12.42456   13 46 19.84   + 8 33 16.8
          12.48988   13 46 20.26   + 8 36 24.8
          12.55482   13 46 20.71   + 8 39 34.4
          12.62066   13 46 21.14   + 8 42 45.7
          12.88221   13 46 22.68   + 8 55 36.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 A10 (NEOWISE)                                                        
Epoch 2021 Mar. 7.0 TT = JDT 2459280.5                                          
T 2021 Mar. 15.26343 TT                                 Rudenko                 
q   1.2685416            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0106608      Peri.   82.26561     -0.25962967     +0.96322358             
 +/-0.0001136      Node   188.34901     +0.58482434     +0.21387257             
e   0.9864763      Incl.  151.52462     +0.76848743     +0.16266179             
From 81 observations 2020 Dec. 26-2021 Feb. 5, mean residual 0".4.              
                                                                                
    C/2021 A10 (NEOWISE)                                                        
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 Mar. 15.26506 TT                                 Rudenko                 
q   1.2685290            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0106694      Peri.   82.26633     -0.25960293     +0.96323127             
 +/-0.0001136      Node   188.34805     +0.58482389     +0.21384951             
e   0.9864655      Incl.  151.52409     +0.76849680     +0.16264656             
From 81 observations 2020 Dec. 26-2021 Feb. 5, mean residual 0".4.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 01 07    13 45 15.9 +04 48 06   1.3825  1.6134    84.2    37.3  21.8
...
2021 01 22    13 45 16.6 +18 59 15   0.9139  1.4898   103.4    40.0  20.5
...
2021 01 30    13 37 53.4 +34 17 50   0.7082  1.4319   114.5    38.8  19.8
...
2021 02 05    13 20 24.7 +51 38 18   0.6075  1.3931   120.0    37.8  19.4
2021 02 06    13 15 02.6 +54 58 39   0.5974  1.3870   120.3    37.9  19.3
2021 02 07    13 08 22.3 +58 23 42   0.5896  1.3811   120.3    38.1  19.3
...
2021 02 13    11 07 32.0 +77 47 59   0.5927  1.3482   114.8    41.6  19.2
...
2021 02 21    04 08 58.0 +72 16 19   0.7146  1.3125    99.5    48.0  19.5
...
2021 03 08    03 03 45.2 +50 39 29   1.1110  1.2733    74.3    48.6  20.3

(MPEC 2021-C25、CBET 4930)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.