Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 G2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2024-3-25 21:23
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2524
オンライン
Comet C/2019 G2 (PANSTARRS)

2019年4月2日UT、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た画像から
見かけ上の小惑星状天体が発見され、MPEC 2019-H30でA/2019 G2と符号がつけられていた。
P. Veres (小惑星センター)によると、D.Rankinは、2020年1月14日、0.7-m Catalina Schmidt望遠
鏡で得た画像では、p.a.130°に幅広い10"の尾が見えた(MPEC 2024-E1参照)。
数年前、中央局(および小惑星センター)に送られたものによると、佐藤英貴氏(東京都文京区, 2020
年1月19.22日UT, CCD露出, 43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 
遠隔操作)は、恒星状にしか見えず、5".7の円形範囲で測定した光度は19.2等であった。
K. Sarneczky, C. Kalupと V. Kecskemethy (Konkoly天文台)は、2020年1月下旬、Piszkesteto 
(ハンガリー)の1.02-m Ritchey-Chretien望遠鏡で得たフィルターなし60-秒10枚のスタックCCD画像
から、この天体は、拡散した中央集光のある6"のコマが見え、R光度は20.0-20.6等であった
S. Deen(Simi Valley, カリフォルニア州)は、2019年2月27.35日UT、Cerro Tololo 4-m 反射望遠鏡
で得た90-秒i-band 90 DECam露出、0".6のシーイングで、1".5 (半値全幅:FWHM)の中程度に拡散した
コマを見つけた。尾は見えないと書いた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
W84  2019-02-27  S. Deen            4"        2"
W84  2019-02-28  S. Deen            2"        4"    200-240
W84  2019-03-02  S. Deen            1".5
568  2019-12-03  S. Deen            2"        8"    270-290

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Apr.  2.44043   13 29 10.27   - 4 26 38.7   21.3
           2.45326   13 29 08.69   - 4 26 24.6   21.4
           2.46612   13 29 07.09   - 4 26 11.2   21.2

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 G2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2024 Mar. 31.0 TT = JDT 2460400.5                                         
T 2019 Dec. 7.59371 TT                                  Rudenko                 
q   2.2979525            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0024448      Peri.   82.64971     -0.55066110     +0.81775059             
 +/-0.0000011      Node   208.17862     +0.55457856     +0.50838290             
e   0.9943819      Incl.  159.22454     +0.62387096     +0.26987181             
From 123 observations 2019 Feb. 27-2020 Sept. 13, mean residual 0".5.           
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2024 01 31    23 56 00.1 -11 45 11  13.2382 12.5618    45.1     3.2  31.6
...
2024 02 15    23 58 37.1 -11 24 08  13.4879 12.6539    31.2     2.3  31.7
...
2024 02 23    00 00 14.1 -11 12 38  13.5986 12.7029    24.2     1.8  31.7
...
2024 02 29    00 01 31.2 -11 04 06  13.6706 12.7396    19.2     1.5  31.7
2024 03 01    00 01 44.3 -11 02 41  13.6817 12.7457    18.5     1.4  31.7
2024 03 02    00 01 57.5 -11 01 17  13.6925 12.7518    17.7     1.4  31.7
...
2024 03 08    00 03 18.2 -10 53 00  13.7514 12.7884    13.5     1.0  31.8
...
2024 03 16    00 05 08.1 -10 42 27  13.8144 12.8372    10.4     0.8  31.8
...
2024 03 31    00 08 34.8 -10 24 56  13.8842 12.9285    16.3     1.2  31.8

(MPEC 2024-E01、CBET 5361)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.