Rbgn^[z[y[W
メイン
   天文掲示板
     中村さんがいて座に新星を発見
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2024-3-13 7:57
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
中村さんがいて座に新星を発見

                            VSOLJニュース(384)

                      中村さんがいて座に新星を発見


                                              著者:前原裕之(国立天文台)
                                      連絡先:hiroyuki.maehara@nao.ac.jp

 三重県亀山市の中村祐二さんは1月27.8704日(世界時; 以下同様)に口径10cmの
望遠鏡を用いて撮影した画像からいて座の中に9.7等級の新天体を発見しました。
この天体は板垣さんや加藤さん、野口さんらによって確認観測が行なわれ、10等
前後の明るさで観測されました。野口さんによる観測によると、この天体の正確
な位置は

赤経: 18時 02分 53.58秒
赤緯: -29度 14分 14.2秒  (2000.0年分点)

です。
 この天体の分光観測は2月1.4日にチリにある口径4.1m SOAR望遠鏡によって行な
われ、この天体のスペクトルには水素のバルマー系列や中性の酸素・ヘリウム、
一階電離した窒素・鉄の輝線がみられることが分かりました。これらの特徴から
この天体が古典新星であることが判明しました。
 vsolj-obs MLに報告された観測結果によると、この天体は発見直後から2月上旬
までの間にゆっくりと暗くなっており、1月28日にはVバンドで11等台前半、2月
11日には11等台後半で観測されました。
 この天体の位置は赤色変光星OGLE-BLG-LPV-190334 の位置に近く、この天体が
増光前の天体かどうかや明るさやスペクトルの変化など、今後の観測結果が注目
されます。

                                                         2024年 2月13日

参考文献
CBAT "Transient Object Followup Reports" PNV J18025353-2914151
Strader, J., et al., 2024, ATel #16428

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.