Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2014 W1 = 2023 O2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-9-21 9:52
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2494
オンライン
Comet P/2014 W1 = 2023 O2 (PANSTARRS)

J. Maikner (New Ringgold, ペンシルベニア州)の通報によると、8月2日と11日UT、Comet Hunter 
Observatory 2 の0.305-m Astro-Physics Riccard Honders アストログラフで得た画像から、
P/2014 W1  (CBET 4018を参照) を検出した。8月2日の画像にはわずかなコマがあり、8月11日の
画像には長さ約0'.5の "わずかな"尾が見られた。
7月30日、Pan-STARRS1でこの天体を検出したが、未確認天体(NOECP P11HxGk)として報告されていた。
また、W. Hasubickも、8月14日にBuchloe 天文台で得た画像から検出を報告していた。
NK 2909 (= ICQ Comet Handbook 2023)の中野主一氏の予報に対する修正値は、Delta(T) = -0.14 day
であった。
MPC 93586のG. V. Williamsの予報に対する修正値は、Delta(T) = -0.33 dayであった。
彗星年表2021の佐藤裕久の参考軌道に対する修正値は、Delta(T) = -0.35 dayであった。

検出位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Aug.  2.24329    1 15 45.11   +17 58 17.9   19.9   Maikner
           2.26811    1 15 45.96   +17 58 25.5   20.1     "
           2.29293    1 15 46.85   +17 58 33.5   19.9     "
          11.24016    1 20 26.71   +18 41 33.3   19.8     "
          11.26391    1 20 27.32   +18 41 40.1   19.8     "
          11.28732    1 20 27.91   +18 41 46.2   19.8     "

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2014 W1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2023 Dec. 18.42359 TT                                 Rudenko                 
q   2.7286526            (2000.0)            P               Q                  
n   0.10415415     Peri.  152.08176     +0.77995803     -0.60984437             
a   4.4738868      Node   246.19357     +0.54177278     +0.77037490             
e   0.3900935      Incl.    8.83705     +0.31328538     +0.18604397             
P   9.46                                                                        
From 65 observations 2014 Nov. 17-2023 Aug. 14, mean residual 0".6.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 07 27    01 11 42.6 +17 23 21   2.5244  2.8821   100.1    20.3  22.1
...
2023 08 11    01 20 20.1 +18 40 33   2.3158  2.8531   111.9    19.2  21.9
...
2023 08 19    01 23 17.4 +19 11 02   2.2117  2.8388   118.6    18.2  21.8
...
2023 08 25    01 24 40.1 +19 28 07   2.1381  2.8285   123.8    17.3  21.7
2023 08 26    01 24 49.5 +19 30 27   2.1263  2.8268   124.7    17.1  21.7
2023 08 27    01 24 57.7 +19 32 38   2.1146  2.8252   125.6    16.9  21.6
...
2023 09 02    01 25 20.3 +19 42 23   2.0473  2.8155   131.1    15.7  21.6
...
2023 09 10    01 24 39.3 +19 45 57   1.9665  2.8034   138.7    13.7  21.4
...
2023 09 25    01 19 58.0 +19 20 56   1.8479  2.7829   153.7     9.2  21.3

(MPEC 2023-Q142、CBET 5288、oaa-comet 5409)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.