Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 P1 (Nishimura)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-8-16 7:26
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2494
オンライン
Comet C/2023 P1 (Nishimura)

中野主一氏 (中央局)と遠藤勇夫氏(国立天文台)の通報によると、西村栄男氏 (静岡県掛川市)
は、8月12.78日UT、Canon EOS 6D + 200-mm f/3 lensで撮影した30-秒露出3枚から5' の拡散した
コマのある彗星を発見した。その後、前夜の露出で発見前のこの彗星を見つけた。
この彗星のニュースは、PCCPのwebpageに公表される前に、ネット上で急速に広まった。
吉本勝巳氏(山口県熊毛郡平生町, 8月13.8日UT, 30-秒露出3枚のスタック, 0.20-m f/8 Ritchey-
Chretien反射望遠鏡: 集光した3'.6のコマが見える。全光度は10.0等で、尾はない)、
佐藤英貴氏(東京都文京区、8月14.49日, 20-秒露出16枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストロ
グラフ, Beryl Junction, ユタ州, 遠隔操作:強く集光した3'.0の外側のコマが見え、p.a. 270°
に向かって11'の淡いイオンの尾がある。90".2の円形範囲で測定した光度は10.8等であった)や
高橋俊幸氏(宮城県栗原市, 8月14.76日UT, 30-秒露出6枚のスタック, 0.25-m f/4.2反射望遠鏡; 
集光した5'.6のコマと、p.a. 271°に向かって6'.8の淡い尾があり、全光度は10.5等)らCCD観測
者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
P87  2023-08-13  K. Yoshimoto     216"                           30x30s
X09  2023-08-14  S. Deen          100"      200"    267-268
Q38  2023-08-14  M. Mattiazzo     180"
950  2023-08-14  M. Masek          78"
C40  2023-08-15  A. Ivanov         50"
M50  2023-08-15  G. Masi           90"      900"        270
G00  2023-08-15  M. Jaeger        270"      600"        275       7x60s
950  2023-08-15  M. Masek         222"                           29x30s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Aug. 11.76854    7 04 09.47   +18 52 24.3   11.0   Nishimura
          11.76888    7 04 09.60   +18 52 27.7            "
          11.76921    7 04 10.09   +18 52 26.6            "
          11.79992    7 04 14.52   +18 52 42.0            "
          12.77992    7 06 58.28   +19 05 11.5   10.4     "
          12.78035    7 06 58.56   +19 05 10.8   10.5     "
          12.78076    7 06 58.93   +19 05 16.8   10.3     "

MPCの放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 P1 (Nishimura)                                                       
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2023 Sept. 18.18879 TT                                Rudenko                 
q   0.2211257            (2000.0)            P               Q                  
                   Peri.  117.17778     +0.35694964     -0.59978608             
                   Node    68.25181     -0.85465181     -0.51912711             
e   1.0            Incl.  129.55528     +0.37703745     -0.60890369             
From 70 observations 2023 Aug. 11-15, mean residual 0".5.                       
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 07 16    06 13 44.5 +14 19 08   2.4741  1.5729    21.5    13.7  13.9
...
2023 07 31    06 38 25.9 +16 31 10   2.0876  1.2924    28.7    22.2  12.7
...
2023 08 08    06 55 30.6 +17 56 41   1.8570  1.1325    32.0    28.3  11.9
...
2023 08 14    07 11 28.6 +19 11 26   1.6739  1.0068    33.9    34.2  11.1
2023 08 15    07 14 30.5 +19 24 57   1.6426  0.9853    34.2    35.3  11.0
2023 08 16    07 17 40.1 +19 38 47   1.6111  0.9636    34.4    36.4  10.9
...
2023 08 22    07 40 02.4 +21 08 41   1.4188  0.8298    35.1    44.5   9.9
...
2023 08 30    08 24 31.9 +23 17 53   1.1605  0.6400    33.4    60.3   8.4
...
2023 09 14    11 29 58.4 +17 19 58   0.8546  0.2676    13.7   117.4   3.9

(MPEC 2023-P87、CBET 5285、oaa-comet 5384)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.