Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2010 YK3 = 2023 KF3
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-9-11 15:56
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2529
オンライン
Comet P/2010 YK3 = 2023 KF3

2023年5月24日、Mt Lemmon 1.5-m 反射望遠鏡のCCD画像から小惑星状天体が発見された(2023 KF3と
符号がつけられた)が、D. Rankinは、小惑星センターに報告された約1ヶ月後に彗星状であることを
見つけた。
A. Hale (Cloudcroft, ニューメキシコ州)の報告によると、2023年8月9日UT、南アフリカ、Suther-
landにあるLas Cumbres天文台 (LCO: L09)の0.35-m f/3 Cassegrain反射望遠鏡で得たCCD画像では、
集光した12"のコマとp.a. 245°に22" のまっすぐな尾が見えた。
また、8月20.85-20.86日、同じ望遠鏡で、集光した12"のコマ (光度は16.9等)とp.a. 240°に40" 
のまっすぐな尾が見えた。さらに、9月6.18日、McDonald天文台の LCO 0.35-m f/3 Cassegrain反
射遠鏡 (V38)の遠隔操作で得た画像では、16.4等で13"の拡散したコマと、幅約12"、p.a. 225°に
向かって 24"のまっすぐで広い尾が見えた。
吉本勝巳氏(山口県熊毛郡平生町, 8月10.6日、60-秒露出15枚のスタック, 0.51-m f/6.8 反射望遠
鏡, iTelescope天文台, Siding Spring (Q62), 遠隔操作; 集光した24"のコマ(全光度は16.8等)と 
p.a.240°に1'.0 の尾が見えた)ら位置観測者によって彗星状と観測された。
2010年末にLINEARサーベイの1-m f/2 反射望遠鏡で得たCCD画像から発見された小惑星状天体と結合
された。この天体は2010 YK3と符号がつけられていた(MPS 363422参照)。
まだ、彗星名がつけられていない。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2010-11-30  K. Ly              8"                            1x45s
F51  2010-12-25  K. Ly              7"                            2x45s
X07  2023-06-29  H. Sato           10"       35"    220-255       6x120s
Z17  2023-07-22  A. Hale            6"       12"    245        
L09  2023-08-10  A. Hale           12"       22"    245
Q62  2023-08-10  K. Yoshimoto      24"       60"    240          15x60s
215  2023-08-10  W. Hasubick        6".5     52"    230
W62  2023-08-11  J. Maikner        30"       90"    230 
W68  2023-08-12  A. Fitzsimmons    17"       20"    235           8x30s
P87  2023-08-13  K. Yoshimoto      26"       30"    240          20x60s
950  2023-08-17  M. Masek          16"       19"    230          96x60s
W62  2023-08-19  J. Maikner       120"       90"    225
Q62  2023-08-20  T. Prystavski     36"       30"    190-239       7x180s
L09  2023-08-20  A. Hale           12"       40"    240
W68  2023-08-21  A. Fitzsimmons    18"       20"    225           4x30s
Q23  2023-08-23  H. Sato           24"                           21x60s
Q23  2023-08-24  H. Sato           30"       36"    225          22x60s
X06  2023-08-27  D. Husar          12"
903  2023-08-29  M. Yoshimi        24"                           21x60s

P/2023 KF3の発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     May  24.43798   22 04 10.04   - 9 27 11.3   20.6   Rankin
          24.44321   22 04 10.32   - 9 27 09.2   20.1     "
          24.44841   22 04 10.61   - 9 27 06.8   19.8     "
          24.45361   22 04 10.89   - 9 27 04.6   20.3     "

P/2010 YK3の発見位置は次のとおり、

     2010 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 31.29494    5 38 37.79   +25 03 15.4   19.4
          31.30872    5 38 37.23   +25 03 13.8   19.6
          31.32210    5 38 36.57   +25 03 11.8   19.7
     Jan.  5.27163    5 35 17.09   +24 52 03.8   19.5
           5.28478    5 35 16.64   +24 52 00.5   20.1
           5.31119    5 35 15.54   +24 51 56.5   19.6
           5.32444    5 35 14.97   +24 51 55.9   20.0

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2010 YK3                                                                  
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2023 Dec. 20.30482 TT                                 Rudenko                 
q   2.1234065            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07232119     Peri.   94.95736     +0.94601710     -0.31376368             
a   5.7054821      Node   283.34656     +0.25430650     +0.87399598             
e   0.6278305      Incl.    4.79097     +0.20094738     +0.37105711             
P  13.6                                                                         
From 206 observations 1996 June 23-2023 Sept. 6, mean residual 0".5.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 08 09    22 30 47.6 -03 14 06   1.4838  2.4495   157.0     9.3  16.7
...
2023 08 24    22 23 16.4 -03 12 21   1.3818  2.3860   171.1     3.7  16.5
...
2023 09 01    22 18 28.4 -03 20 54   1.3495  2.3543   172.8     3.1  16.4
...
2023 09 07    22 14 53.6 -03 30 12   1.3355  2.3315   168.3     5.0  16.3
2023 09 08    22 14 18.9 -03 31 55   1.3340  2.3278   167.4     5.4  16.3
2023 09 09    22 13 44.8 -03 33 41   1.3327  2.3241   166.4     5.8  16.3
...
2023 09 15    22 10 34.2 -03 44 38   1.3301  2.3026   160.4     8.4  16.2
...
2023 09 23    22 07 14.8 -03 58 48   1.3394  2.2756   152.1    11.9  16.2
...
2023 10 08    22 05 05.0 -04 15 48   1.3910  2.2300   137.2    17.7  16.2

(MPEC 2023-R42、CBET 5292、oaa-comet 5401、5406、5452)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.