Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 A1 (Leonard)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-1-31 21:33
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2523
オンライン
Comet C/2023 A1 (Leonard)

G. J. Leonardの通報によると、1月9日UT、Tucsonの北東、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 
反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
Leonardによると、30秒4枚の画像では、集光した10"のコマと、p.a.340°に約6" の
短い尾らしいものがある。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、F. Kugel (Dauban, フランス, 1月14.2日UT, 
フィルターなし120-秒露出9枚, 0.4-m f/2.8反射望遠鏡: p.a. 315°に13"の尾がある。
4".2の範囲で測定した光度は18.8-18.9等であった)や佐藤英貴氏(東京都文京区,
1月21.57日, 60-秒露出12枚のスタック, 0.61-m f/6.5 アストログラフ, Sierra 
Remote天文台, Auberry近郊, カリフォルニア州, 米国, 遠隔操作:強く集光しぼやけた
10"のコマが見えるが尾はない。5".0の円形範囲で測定した光度は18.5等であった)ら
CCD観測者によって彗星状と観測された。
 
彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G40  2023-01-21  N. Paul           12"                           14x50s
U69  2023-01-21  H. Sato           10"                           12x60s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Jan.  9.54101   15 47 08.67   +51 52 42.1   18.9   Leonard
           9.54616   15 47 08.54   +51 52 48.9   18.6     "
           9.55132   15 47 08.40   +51 52 55.7   18.8     "
           9.55648   15 47 08.28   +51 53 02.7   18.6     "

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のと

Orbital elements:
    C/2023 A1 (Leonard)                                                         
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Mar. 18.75138 TT                                 Rudenko                 
q   1.8359255            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0000664      Peri.  159.24586     -0.71740025     -0.21214290             
 +/-0.0017633      Node   318.24700     +0.41052646     +0.64082836             
e   1.0001220      Incl.   94.81013     +0.56285426     -0.73779022             
From 81 observations 2023 Jan. 9-22, mean residual 0".5.                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 12 23    15 47 50.0 +47 16 34   2.1198  2.1272    77.0    26.8  19.4
...
2023 01 07    15 47 56.3 +51 00 00   1.8612  2.0403    85.8    28.7  18.9
...
2023 01 15    15 44 08.8 +54 02 44   1.7200  1.9990    91.2    29.5  18.7
...
2023 01 21    15 38 01.5 +56 54 20   1.6158  1.9707    95.5    29.8  18.5
2023 01 22    15 36 36.8 +57 26 00   1.5988  1.9662    96.2    29.8  18.5
2023 01 23    15 35 03.7 +57 58 33   1.5819  1.9618    97.0    29.9  18.4
...
2023 01 29    15 22 05.9 +61 31 54   1.4838  1.9366   101.4    29.9  18.2
...
2023 02 06    14 48 58.7 +66 55 17   1.3663  1.9070   107.2    29.6  18.0
...
2023 02 21    11 47 34.9 +74 20 23   1.2156  1.8648   115.2    28.7  17.6

(MPEC 2023-B66、CBET 5208)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.