Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 F7 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-3-29 11:00
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2256
オンライン
Comet C/2020 F7 (Lemmon)

2020年3月22日、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が
発見され、A/2020 F7 (MPEC 2020-G78参照) と符号がつけられた。
この半年間で他のCCD観測者によって彗星状に見えることがわかった。
いくつか追加された一夜の観測(2020年1月4日に遡る)は、2020年3月22日の"天体"が小惑星
センターのNEOCPとPCCPのwebpageに掲載されるまで、結びつけられなかった別の天体として
Mt Lemmon サーベイによってリアルタイムに報告された: 
追加の2020年3月22日以前の観測は他の観測所のPCCP投稿の後にMPCへ報告された。
佐藤英貴氏(東京都文京区, 1月11.75-11.76日UT、0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding 
Spring, NSW, 遠隔操作: 強く集光した12"の明らかなコマが見える。6".5.の円形範囲で測定
した光度は17.6等であった)や佐藤裕久 (福島県須賀川市が測定・報告, 池村俊彦氏が観測, 
新城観測所, 3月10.6日, 60秒露出25枚のスタック, 0.35-m f/5 反射望遠鏡; 全光度17.1等の
強く集光した約11" x14"の非対称のコマが見える。東に伸びた尾らしい)らCCD位置観測者
によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2021-01-11  H. Sato          12"
568  2021-02-10  M. Micheli        7"      15"      40
215  2021-02-17  W. Hasubick      18"
Q11  2021-03-10  H. Sato          11"x14"                        25x60s
Z08  2021-03-23  E. Guido         15"                            19x120s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  4.37133   10 26 28.13   +26 18 21.2   20.9
           4.37647   10 26 27.93   +26 18 21.2   21.0
           4.38160   10 26 27.81   +26 18 21.6   20.9
           4.38676   10 26 27.66   +26 18 21.6   20.8
     Mar. 22.22647    9 29 01.87   +25 17 41.1   20.2
          22.23211    9 29 01.63   +25 17 40.2   20.3
          22.23775    9 29 01.42   +25 17 39.3   20.2
          22.24340    9 29 01.19   +25 17 38.0   20.3

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 F7 (Lemmon)                                                          
Epoch 2021 Nov. 2.0 TT = JDT 2459520.5                                          
T 2021 Nov. 14.00475 TT                                 Rudenko                 
q   5.3321157            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0014398      Peri.  227.96946     -0.49516912     +0.61291111             
 +/-0.0000010      Node   321.88672     +0.71087339     -0.12162024             
e   0.9923229      Incl.   93.95344     -0.49946628     -0.78073587             
From 340 observations 2020 Jan. 4-2021 Mar. 13, mean residual 0".4.             
                                                                                
    C/2020 F7 (Lemmon)                                                          
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 Nov. 14.11160 TT                                 Rudenko                 
q   5.3318124            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0012985      Peri.  227.98557     -0.49500684     +0.61303579             
 +/-0.0000010      Node   321.88634     +0.71082750     -0.12183695             
e   0.9930769      Incl.   93.95181     -0.49969239     -0.78060418             
From 340 observations 2020 Jan. 4-2021 Mar. 13, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 02 23    08 51 53.4 -06 27 39   4.7871  5.6773   151.7     4.7  17.9
...
2021 03 10    08 38 52.2 -06 47 52   4.8622  5.6406   138.1     6.8  17.9
...
2021 03 18    08 32 54.8 -06 54 22   4.9283  5.6218   130.2     7.8  18.0
...
2021 03 24    08 28 59.5 -06 58 06   4.9876  5.6080   124.1     8.5  18.0
2021 03 25    08 28 23.2 -06 58 39   4.9982  5.6057   123.1     8.6  18.0
2021 03 26    08 27 47.7 -06 59 12   5.0090  5.6035   122.1     8.7  18.0
...
2021 04 01    08 24 32.5 -07 02 20   5.0773  5.5901   116.2     9.2  18.0
...
2021 04 09    08 21 00.2 -07 06 33   5.1762  5.5727   108.3     9.8  18.0
...
2021 04 24    08 16 48.3 -07 17 26   5.3764  5.5417    94.2    10.4  18.1

(MPEC 2021-F110、CBET 4949)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.