Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 B3 (NEOWISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-2-21 12:51
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2212
オンライン
Comet C/2021 B3 (NEOWISE)

Jana P. Chesley (Jet推進研究所: JPL)の通報によると、1月22日UT、Near-Earth Object 
Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球近傍天体広域赤外線探査衛星以前の、
WISE:広域赤外線探査衛星;CBET 4225参照)で得た赤外線画像から彗星を発見した。
この天体の発見画像はぼやけているようであったが、頭部は低い信号対雑音比(S/N比)を
持っていた。より詳細な分析では、4.6-ミクロンでおよそ25"のコマを示していた。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,1月26.7日UT, 60秒
露出10枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 遠隔操作:
強く集光し、15" のかすかな外側のコマが見え、p.a. 320°からp.a. 20°の左回りに15" 
の湾曲した尾がある。8".2の円形範囲で測定した光度は18.0等であった)らCCD位置観測者に
よって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
807  2021-01-25  T. Linder          2"                           60x20s
Q62  2021-01-26  H. Sato           15"     15"     320-20        10x60s
K91  2021-01-26  T. Lister          4"     16"      31
X02  2021-01-27  E. Guido          10"                           50x30s
Q62  2021-01-31  A. Valvasori       8"                           26x46s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.        Mag.
     Jan. 22.24881    8 43 21.38   -70 36 38.6     19
          22.37958    8 42 00.69   -70 35 40.6
          22.44503    8 41 19.78   -70 35 08.3
          22.51036    8 40 39.68   -70 34 39.0
          22.57581    8 39 59.26   -70 34 08.1

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 B3 (NEOWISE)                                                         
T 2021 Mar. 11.18066 TT                                 Rudenko                 
q   2.1582273            (2000.0)            P               Q                  
n   0.00570160     Peri.  293.69347     -0.26127009     +0.53551233             
a  31.0316539      Node    67.33245     +0.81667371     +0.56616011             
e   0.9304508      Incl.  119.50373     -0.51456972     +0.62664924             
P 173                                                                           
From 39 observations 2021 Jan. 22-Feb. 4.                                       
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 01 05    11 07 47.0 -67 26 18   2.2456  2.2792    79.4    25.1  18.8
...
2021 01 20    09 06 29.0 -70 46 05   2.0285  2.2310    88.5    26.2  18.5
...
2021 01 28    07 45 35.7 -69 09 16   1.9444  2.2100    92.0    26.4  18.4
...
2021 02 03    06 54 20.6 -66 06 33   1.9005  2.1965    93.7    26.6  18.3
2021 02 04    06 47 01.7 -65 28 22   1.8949  2.1944    93.9    26.6  18.3
2021 02 05    06 40 04.5 -64 48 17   1.8899  2.1924    94.0    26.7  18.3
...
2021 02 11    06 05 29.9 -60 15 01   1.8713  2.1815    94.4    26.8  18.2
...
2021 02 19    05 34 59.5 -53 14 59   1.8775  2.1702    93.2    27.1  18.2
...
2021 03 06    05 06 47.0 -39 38 05   1.9798  2.1590    86.5    27.3  18.3

(MPEC 2021-C16、CBET 4929)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.