Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2014 E1 = 2020 W4 (Larson)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-1-25 0:07
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2203
オンライン
Comet P/2014 E1 = 2020 W4 (Larson)

E. Schwab (Egelsbach, ドイツ)の通報によると、2020年11月25日UT、スペイン、Calar Altoに
ある0.8-m f/3 Schmidt反射望遠鏡の画像と12月11日UT、ESA(欧州宇宙機関)の光学地上局の1.0-m 
f/4.4 反射望遠鏡で得た画像からP/2014 E1 (CBET 3827を参照)を検出した。尾は見えないが
スタックイメージで2".5のシーイングでこの彗星の頭部は3".5(半値全幅:FWHM)であった。
2021年1月8.72日、10.72日UT、池村俊彦氏(新城観測所: Q11)が0.35-m f/5反射で撮ったCCD画像
から、佐藤裕久(福島県須賀川市)はそれぞれ全光度を18.8等、18.6等と測定した。8日は、中程度
に集光した約10"のコマが見えたが、尾は見えなかった。10日は、中程度に集光した約11"のコマが
p.a.308°に向かって伸びているように見えた。

検出位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov. 25.17477   11 53 16.55   +16 06 41.1   20.5   Schwab
          25.19957   11 53 18.51   +16 06 31.8   20.7     "
          25.22128   11 53 20.29   +16 06 23.2   20.6     "
     Dec. 11.23747   12 13 53.65   +14 34 06.9   19.1   Abreu
          11.24765   12 13 54.39   +14 34 03.5   19.1     "
          11.25670   12 13 55.06   +14 34 01.1   19.0     "

NK 2959およびICQ's 2019 and 2020 Comet Handbookの中野主一氏の予報に対し、Delta(T)は、  
-0.06 dayであった。MPC 91614のG. V. Williamsの予報に対するDelta(T)は、-0.06 dayであった。
彗星年表2020の佐藤裕久の予報に対する修正値は、Delta(T) = -0.06 dayであった。

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2014 E1 (Larson)                                                          
Epoch 2014 May 23.0 TT = JDT 2456800.5                                          
T 2014 May 22.01458 TT                                  Bell                    
q   2.1411176            (2000.0)            P               Q                  
n   0.13781580     Peri.  185.81453     -0.71076192     +0.68168117             
a   3.7119607      Node    39.08921     -0.63378594     -0.51353577             
e   0.4231842      Incl.   15.97897     -0.30517679     -0.52114469             
P   7.15                                                                        
From 423 observations 2014 Jan. 6-2021 Jan. 10, mean residual 0".8.             
                                                                                
    P/2014 E1 (Larson)                                                          
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2021 July 20.21115 TT                                 Bell                    
q   2.1398606            (2000.0)            P               Q                  
n   0.13789880     Peri.  186.04174     -0.70884147     +0.68374217             
a   3.7104711      Node    39.02511     -0.63509174     -0.51173395             
e   0.4232914      Incl.   15.97763     -0.30692386     -0.52021631             
P   7.15                                                                        
From 423 observations 2014 Jan. 6-2021 Jan. 10, mean residual 0".8.             
                                                                                
    P/2014 E1 (Larson)                                                          
Epoch 2028 Sept. 26.0 TT = JDT 2462040.5                                        
T 2028 Oct. 2.27364 TT                                  Bell                    
q   2.1831349            (2000.0)            P               Q                  
n   0.13605672     Peri.  186.44321     -0.70628221     +0.68664262             
a   3.7438869      Node    38.84232     -0.63663425     -0.50960698             
e   0.4168801      Incl.   15.94547     -0.30961633     -0.51848109             
P   7.24                                                                        
From 423 observations 2014 Jan. 6-2021 Jan. 10, mean residual 0".8.             
                                                                                
    P/2014 E1 (Larson)                                                          
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 July 20.16900 TT                                 Bell                    
q   2.1399117            (2000.0)            P               Q                  
n   0.13783409     Peri.  186.02546     -0.70899574     +0.68358209             
a   3.7116323      Node    39.02833     -0.63498406     -0.51189014             
e   0.4234581      Incl.   15.97653     -0.30679030     -0.52027301             
P   7.15                                                                        
From 423 observations 2014 Jan. 6-2021 Jan. 10, mean residual 0".8.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 12 13    12 16 01.5 +14 25 05   2.5914  2.6668    83.6    21.5  20.3
...
2020 12 28    12 32 53.2 +13 19 07   2.3465  2.6086    94.1    22.1  20.0
...
2021 01 05    12 40 44.8 +12 52 40   2.2182  2.5781   100.0    22.1  19.8
...
2021 01 11    12 46 00.7 +12 37 14   2.1240  2.5557   104.6    21.9  19.7
2021 01 12    12 46 49.8 +12 35 02   2.1084  2.5520   105.4    21.8  19.7
2021 01 13    12 47 37.8 +12 32 58   2.0930  2.5482   106.2    21.8  19.7
...
2021 01 19    12 52 02.7 +12 22 50   2.0018  2.5262   110.9    21.3  19.5
...
2021 01 27    12 56 47.6 +12 15 29   1.8851  2.4973   117.5    20.5  19.4
...
2021 02 11    13 01 36.2 +12 19 19   1.6855  2.4450   130.6    17.9  19.0

(CBET 4910、MPEC 2021-A147、oaa-comet 1481)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.