Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 U6 = 2006 AH2 (Sheppard-Tholen)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2024-4-28 20:58
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet P/2022 U6 = 2006 AH2 (Sheppard-Tholen)

2023年1月24日、David J. Tholen (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、Scott S. Sheppard
(Carnegie科学研究所)とTholenは、Maunakeaにあるすばる8.2-m望遠鏡で得た画像から彗星を発見
した。この天体は、500-秒の露出で、p.a. 260°におそらく13"の尾を引いている。また、動きに
よって約3"ほど後方にずれている。
Tholenはまた、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)にも、HaleakalaのPan-STARRS望
遠鏡でこの天体が検出できないか問い合わせた。
Werykは、2022年10月19日(等級は与えられていない)、10月31日(22.0-23.0等)、そして11月16日(22.0
-22.6等)、および2022年10月23日、Pan-STARRS2 1.8-m反射望遠鏡で得た画像に彗星のかすかな像を
見つけたと2023年1月24日報告した。
Werykは、彗星があまりにも暗いため、明らかな活動が見られないと付け加えた。すばる望遠鏡と
Pan-STARRSの観測結果は、2023年1月27日にMPS 1736920で発表された。
小惑星センターは、この彗星を2006年1月2日、ArizonaのMt Lemmonサーベイで発見され、2006年1月
8日、MPS 157964に2006 AH2と符号が付与された小惑星状天体と同定した。
2006年1月4日、Kitt Peakで行われたSpacewatchの観測は、MPS 157964 (2006年AH2と同定された)でも
報告されたが、何年も経つまで他の観測は報告されなかった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表を受けて、S. Deen (Simi Valley,カリフォルニア州は、2023
年1月24日に中央事務局に手紙を書いた。1月24日、ケンタウロスのような軌道を逆算したところ
1782年8月10日に土星に大接近(0.0086天文単位)し、軌道周期は約37.7年から約18.0年に変更された。
一日後、Deenは、2006年12月26.6日UT、Maunkeaにある3.6-m Canada-France-Hawai望遠鏡で得た彗星
の画像を発見したと報告した(H.Yeeによって銀河団"ダークエネルギー探査"の一部として取得した)。
この天体は、非常に集光したコマを持つ彗星であることが明らかになった(z=22.2、r=22.6、g=22.9)。
p.a. 295-310°に6"の尾がある。2023年2月14日、Deenの位置測定はMPS 1740759に掲載された。
この天体は、その後PCCP webpageから削除され、彗星として正式には発表されなかった。
この彗星のその後の位置測定は、2023年12月13日から2024年2月3日にかけて、いくつかの天文台で
行われた(Mt Lemmonサーベイは、2024年1月11.3日UT、20.2等と明るく報告)。これらは、MPS 2071229、
2079129、 2092586,、2115948で発表された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, 2023年12月21.3日UT、120-秒
CCD露出8枚のスタック, Deep Sky Chile" 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Rio Hurtado, チリ, 遠隔
操作: 中程度に集光した5" のコマが見えるが尾はなかった。2".8の円形範囲で測定した光度は20.8等
であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
X07  2023-12-21  H. Sato             5"                          12x120s

P/2022 U6の発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 28.45693    3 55 44.60   +26 00 19.2   22.2
          28.58111    3 55 41.30   +26 00 03.9   22.2

2006 AH2 の発見位置は次のとおり、

     2006 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  2.36869    7 31 56.31   +15 29 06.2   20.3
           2.37784    7 31 55.99   +15 29 05.4   20.2
           2.40164    7 31 55.20   +15 29 04.7   20.6
           2.41685    7 31 54.62   +15 29 03.6   21.1

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2006 AH2 (Sheppard-Tholen)                                                
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2023 Aug. 24.41301 TT                                 Rudenko                 
q   3.9908601            (2000.0)            P               Q                  
n   0.05503035     Peri.  195.96740     -0.12838258     -0.97667981             
a   6.8454370      Node   261.64848     +0.92786259     -0.05703060             
e   0.4170043      Incl.   10.01657     +0.35012701     -0.20698805             
P  17.9                                                                         
From 61 observations 2006 Jan. 2-2024 Feb. 3, mean residual 0".3.               
                                                                                
    P/2006 AH2 (Sheppard-Tholen)                                                
Epoch 2024 Mar. 31.0 TT = JDT 2460400.5                                         
T 2023 Aug. 24.65692 TT                                 Rudenko                 
q   3.9910730            (2000.0)            P               Q                  
n   0.05502279     Peri.  196.00454     -0.12900223     -0.97659880             
a   6.8460642      Node   261.64770     +0.92782671     -0.05762096             
e   0.4170267      Incl.   10.01638     +0.34999432     -0.20720667             
P  17.9                                                                         
From 61 observations 2006 Jan. 2-2024 Feb. 3, mean residual 0".3.               
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2024 03 24    07 40 01.4 +13 11 29   3.6989  4.1592   110.8    12.9  21.0
...
2024 04 08    07 44 58.9 +13 10 22   3.9345  4.1828    97.4    13.7  21.2
...
2024 04 16    07 48 53.9 +13 06 12   4.0643  4.1959    90.6    13.8  21.3
...
2024 04 22    07 52 21.0 +13 01 15   4.1620  4.2060    85.6    13.8  21.3
2024 04 23    07 52 57.9 +13 00 16   4.1783  4.2077    84.8    13.8  21.3
2024 04 24    07 53 35.5 +12 59 14   4.1946  4.2094    84.0    13.7  21.4
...
2024 04 30    07 57 33.9 +12 52 07   4.2916  4.2197    79.2    13.6  21.4
...
2024 05 08    08 03 24.3 +12 39 59   4.4192  4.2339    72.9    13.2  21.5
...
2024 05 23    08 15 45.8 +12 08 51   4.6482  4.2613    61.6    12.1  21.6

(MPEC 2024-H65、CBET 5387)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.