Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 X4 (Hogan)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-12-24 2:07
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2485
オンライン
Comet C/2023 X4 (Hogan)

Joshua K. Hogan (月惑星研究所:LPL, アリゾナ大学)の通報によると、12月13日、Mt Lemmon 
サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
集光した5".1のコマと30-秒露出で顕著な尾が見える。4枚の30-秒露出のスタックでは、2番目
の尾らしいものが見える。尾は10".9でp.a. 2.5°と337.3°、だが詳しく説明されていない。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)
は、MPCの "isolated tracklet file "で、この彗星の3夜にわたる一夜の画像を見つけた。
9月20.6日 (HaleakalaのPan-STARRS1 1.8-m 反射望遠鏡, 22.1-22.2等)、10月16.6日(Haleakala
のPan-STARRS2 1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡, 21.5-22.0等)、10月22.4日 (Mt Lemmon
サーベイ, 21.2-21.6等)。Werykは、9月20日、4枚の45-秒のw-バンドサーベイ画像では、1".1か
それ以上のシーイングで、1".5(半値全幅:FWHM)の非常に集光した頭部が見え、p.a. 270°に
約1"の短い尾がある。10月16日、4枚の45-秒のPan-STARRS2 w-バンドサーベイ画像では、1".2か
それ以上のシーイングで、1".4(WHM)の非常に集光した頭部が見え、p.a. 270°に向かって約3"の
短い尾があると付け加えた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2023-09-20  R. Weryk           0".4      1"    270           4x45s
F52  2023-10-16  R. Weryk           0".3      3"    270           4x45s
I52  2023-12-13  K. Wierzchos       5"       13"    260           4x30s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Dec. 13.33238    7 23 30.24   +36 35 45.2   19.8   Hogan
          13.33765    7 23 30.08   +36 35 46.3   19.8     "
          13.34293    7 23 29.98   +36 35 47.0   19.8     "
          13.34820    7 23 29.85   +36 35 48.6   19.8     "
          13.41358    7 23 28.17   +36 36 02.7   20.0     "
          13.42704    7 23 27.82   +36 36 05.2   19.7     "
          13.44044    7 23 27.51   +36 36 08.1   19.8     "
          13.45373    7 23 27.17   +36 36 10.9   20.1     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 X4 (Hogan)                                                           
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 May 24.65600 TT                                  Bell                    
q   3.6580253            (2000.0)            P               Q                  
n   0.03158489     Peri.  100.52552     -0.62358582     -0.77574930             
a   9.9117384      Node    28.76404     +0.61535273     -0.56338401             
e   0.6309401      Incl.   11.59457     +0.48216360     -0.28427359             
P  31.2                                                                         
From 24 observations 2023 Sept. 20-Dec. 13, mean residual 0".2.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 11 14    07 27 12.4 +34 47 16   3.2898  3.9041   121.9    12.4  20.5
...
2023 11 29    07 27 25.6 +35 42 24   3.0954  3.8688   136.3    10.2  20.3
...
2023 12 07    07 25 42.8 +36 12 36   3.0096  3.8509   144.1     8.6  20.2
...
2023 12 13    07 23 38.2 +36 34 34   2.9549  3.8380   149.8     7.4  20.2
2023 12 14    07 23 13.8 +36 38 07   2.9467  3.8359   150.7     7.2  20.2
2023 12 15    07 22 48.4 +36 41 37   2.9387  3.8338   151.7     7.0  20.2
...
2023 12 21    07 19 56.9 +37 01 34   2.8964  3.8214   157.0     5.8  20.1
...
2023 12 29    07 15 26.4 +37 24 24   2.8553  3.8055   162.7     4.4  20.1
...
2024 01 13    07 05 54.6 +37 51 13   2.8276  3.7777   162.6     4.5  20.0

(MPEC 2023-X272、CBET 5327)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.