Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2001 Q6 = 2023 W1 (NEAT)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-12-24 2:06
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2485
オンライン
Comet P/2001 Q6 = 2023 W1 (NEAT)

佐藤英貴氏(東京都文京区)の通報によると、11月29.0日UT、Rio Hurtado (チリ)にある"Deep Sky 
Chile"の望遠鏡で、P/2001 Q6 (IAUCs 7698, 7722, 7734, 7753を参照)を検出した。
120-秒CMOS露出8枚のスタック, 0.18-m f/2.8 アストログラフでは、強く集光した35"の外側の
コマが見えるが、尾はない。18".5の円形範囲で測定した光度は17.6等であった。
小惑星センターが検出を発表するのが遅れたため、D. Rankin (Mt Lemmon 1.5-m 反射望遠鏡)が
見つけた彗星が、小惑星センターのPCCP webpageに新彗星と誤って掲載された。
佐藤裕久(福島県須賀川市)の測定によると、池村俊彦氏 (愛知県新城市:Q11)が、12月10.44-
10.46日に0.38-m f/4.2 反射望遠鏡で撮影した60秒CCD露出25枚のスタックでは、集光した約7"
のコマ (全光度18.3等)が見えるが、尾はない。
NK 869 (= ICQ's 2023 CometHandbook)の中野主一氏の予報に対し、Delta(T)は、-2.7 daysで
あった。
MPC 75704のG. V. Williamsの予報に対するDelta(T)は、-2.06 daysであった。
彗星年表2022の佐藤裕久の参考軌道要素の修正値は、Delta(T) = -2.64 daysであった。

検出位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov. 29.02810   23 09 18.94   -24 07 59.8          Sato
          29.03466   23 09 18.71   -24 07 45.1   17.6     "
          30.04047   23 08 50.77   -23 29 28.0            "
          30.04261   23 08 50.71   -23 29 23.0            "
          30.07806   23 08 49.76   -23 28 02.3   18.3     "
     Dec.  1.08836   23 08 24.60   -22 49 35.1            "
           1.09271   23 08 24.52   -22 49 24.9   18.0     "

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2001 Q6 (NEAT)                                                            
Epoch 2023 Sept. 13.0 TT = JDT 2460200.5                                        
T 2024 Feb. 26.25894 TT                                 Rudenko                 
q   1.4056723            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04381747     Peri.   42.92975     +0.53758095     -0.78161779             
a   7.9684006      Node    22.18464     +0.34257298     -0.14037001             
e   0.8235942      Incl.   56.91067     +0.77048717     +0.60775809             
P  22.5                                                                         
From 393 observations 2001 Aug. 18-2023 Dec. 10, mean residual 0".6.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 11 13    23 23 53.0 -34 04 19   1.4241  1.9367   105.3    29.5  17.1
...
2023 11 28    23 09 50.6 -24 47 05   1.4716  1.8180    93.3    32.8  16.9
...
2023 12 06    23 07 00.6 -19 42 55   1.5098  1.7578    86.9    34.0  16.8
...
2023 12 12    23 06 35.7 -15 56 07   1.5424  1.7145    82.3    34.7  16.8
2023 12 13    23 06 39.2 -15 18 32   1.5480  1.7075    81.5    34.8  16.8
2023 12 14    23 06 44.7 -14 41 02   1.5537  1.7005    80.8    34.8  16.8
...
2023 12 20    23 07 58.0 -10 57 43   1.5890  1.6596    76.3    35.2  16.7
...
2023 12 28    23 11 10.6 -06 04 57   1.6373  1.6085    70.8    35.3  16.6
...
2024 01 12    23 21 11.6 +02 49 47   1.7260  1.5249    61.5    34.5  16.5

(MPEC 2023-X258、CBET 5325、oaa-comet 5914、5915、5917)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.