Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 S2 (TESS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-9-12 12:13
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2376
オンライン
Comet C/2018 S2 (TESS)

K. Ly (El Monte, CA, 米国)は、Transiting Exoplan et Survey Satellite (TESS:トランジット
系外惑星探索衛星)によって発見された小惑星状天体の、公開されている3つの地上観測データの中
から、彗星像を確認した。
この天体は彗星のような軌道のため、小惑星センターのPCCP webpageに掲載された。
TESSは、高地球周回楕円軌道(月と共鳴する軌道)にあり、視野24°×24°、600〜1000nmの帯域
濾波の4つの10cmのf/1.4カメラレンズを持っている。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
W84  2017-08-03  K. Ly              5"      10"     250         
309  2017-11-07  K. Ly              3"       3"      30-290
W84  2018-10-21  K. Ly              5"      50"     210-230
W84  2018-12-02  K. Ly              4"      50"     210-225
W84  2019-03-10  K. Ly              5"      60"     190-195

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.23.78103    4 23 03.99   -48 01 14.7   18.5
          23.88519    4 23 02.62   -48 01 42.4   18.7
          23.90603    4 23 02.43   -48 01 48.9   18.8
          23.92686    4 23 01.96   -48 01 56.6   18.6
          23.96853    4 23 01.61   -48 02 04.4   18.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2018 S2 (TESS)                                                            
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2018 Nov. 6.53419 TT                                  Rudenko                 
q   5.4725312            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01812155     Peri.  290.77885     +0.43615470     -0.07428128             
a  14.3550857      Node    85.10780     +0.62717010     +0.73975999             
e   0.6187740      Incl.   64.16854     -0.64531136     +0.66875814             
P  54.4                                                                         
From 803 observations 2017 Aug. 2-2019 Mar. 10, mean residual 0".2.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 07 27    06 41 17.3 +41 13 47   9.8519  8.9957    30.9     3.3  22.0
...
2022 08 11    06 49 25.7 +41 48 06   9.7767  9.0494    42.0     4.3  22.0
...
2022 08 19    06 53 25.2 +42 08 42   9.7192  9.0780    48.3     4.8  22.0
...
2022 08 25    06 56 12.9 +42 25 18   9.6691  9.0994    53.2     5.1  22.0
2022 08 26    06 56 39.7 +42 28 10   9.6602  9.1030    54.0     5.2  22.0
2022 08 27    06 57 06.2 +42 31 03   9.6512  9.1065    54.8     5.2  22.0
...
2022 09 02    06 59 37.9 +42 49 02   9.5939  9.1280    59.8     5.5  22.0
...
2022 09 10    07 02 38.9 +43 14 39   9.5107  9.1566    66.5     5.8  22.0
...
2022 09 25    07 07 02.9 +44 07 50   9.3392  9.2101    79.5     6.1  22.0

(MPEC 2022-Q126、CBET 5163)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.