Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 P1 (NEOWISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-8-17 17:13
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2376
オンライン
Comet C/2022 P1 (NEOWISE)

Jana P. Chesley	(Jet推進研究所: JPL)の通報によると、8月8-9日UT、Near-Earth Object Wide-
field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球近傍天体広域赤外線探査衛星、以前のWISE:広域
赤外線探査衛星;CBET 4225参照)で得た赤外線画像から彗星を発見した。
この天体は、4.6-ミクロンバンドで彗星活動の明確な兆候を示し、およそ1'のやや細長い特徴を
示している。この彗星は3.4-ミクロンバンドでも検出されたが、こちらの彗星活動の兆候は弱く、
より丸い。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,8月13.48日UT, 60-秒露出
12枚のスタック, 0.61-m f/6.5 アストログラフ, Auberry, CA, 米国, 遠隔操作: 強く集光した
12"のコマが見えるが尾はなかった。6".5の円形範囲で測定した光度は17.3等であった)らCCD位置
観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G40  2022-08-12  N. Paul            8".8    9".9    236        26x50s
950  2022-08-13  M. Masek          13"                         33x90s
U69  2022-08-13  H. Sato           12"                         12x60s
203  2022-08-14  G. Galli           5"                         30x60s
M21  2022-08-14  A. Aletti          8"      10"     30-60      90x30s
H06  2022-08-14  B. Lutkenhoner    10"                         12x120s
204  2022-08-14  L. Buzzi          11"      15"     20-60 
H06  2022-08-14  K. Yoshimoto      27"                         10x60s
U69  2022-08-15  B. Lutkenhoner     8"                         12x120s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.        Mag.
     Aug.  8.35041    2 59 28.42   +12 54 33.6     18
           8.48081    2 59 23.81   +12 52 30.0
           8.48093    2 59 23.65   +12 52 21.7
           8.54613    2 59 21.29   +12 51 14.7
           8.61133    2 59 18.97   +12 50 07.8
           8.74172    2 59 14.18   +12 47 53.2
           8.74185    2 59 14.13   +12 47 52.9
           8.93744    2 59 06.85   +12 44 30.3
           9.06796    2 59 01.89   +12 42 13.8

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 P1 (NEOWISE)                                                         
Epoch 2022 Dec. 7.0 TT = JDT 2459920.5                                          
T 2022 Nov. 29.38432 TT                                 Rudenko                 
q   1.5972346            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01643710     Peri.  250.07387     +0.66787026     -0.72165364             
a  15.3197849      Node   205.03276     -0.41218573     -0.56236351             
e   0.8957404      Incl.  154.50771     -0.61971948     -0.40368714             
P  60.0                                                                         
From 62 observations 2022 Aug. 8-16, mean residual 1".0.                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 07 17    03 03 49.3 +17 10 47   2.5354  2.3117    65.7    23.6  18.7
...
2022 08 01    03 02 41.8 +14 43 00   2.1045  2.1892    81.0    27.3  18.0
...
2022 08 09    02 59 04.7 +12 43 27   1.8672  2.1259    90.1    28.5  17.6
...
2022 08 15    02 54 19.6 +10 45 19   1.6892  2.0796    97.5    28.9  17.3
2022 08 16    02 53 19.5 +10 22 37   1.6597  2.0720    98.8    28.9  17.3
2022 08 17    02 52 15.2 +09 58 56   1.6303  2.0645   100.1    28.9  17.2
...
2022 08 23    02 44 11.9 +07 13 21   1.4569  2.0197   108.5    28.4  16.9
...
2022 08 31    02 27 51.6 +02 11 31   1.2390  1.9621   121.2    26.1  16.4
...
2022 09 15    01 29 16.6 -13 17 57   0.9265  1.8616   148.9    16.2  15.5

(MPEC 2022-Q03、CBET 5158)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.