Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 N2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-7-13 21:07
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2348
オンライン
Comet C/2022 N2 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、7月4日、Haleakalaに
あるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から6月10日のPan-STARRS2
画像と同定した。MPCのファイルになかった6月2日に遡る多数の追加のPan-STARRS2画像と一緒
に特定した。7月4日、4枚45-秒Wバンドサーベイ画像では、1".6のシーイングで2".0(半値全幅:
FWHM)の集光したコマが見え、p.a. 260°に3" の尾がある。6月2日、4枚45-秒Wバンドサーベイ
画像では、1"1のシーイングで1".4-1".5の集光した頭部が見え、再びp.a. 260°に3" のまっす
ぐな尾がある。

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June  2.49810   19 59 33.71   -23 20 26.7   21.3
           2.50830   19 59 33.60   -23 20 27.2   21.3
           2.51849   19 59 33.48   -23 20 27.5   20.8
           2.52867   19 59 33.38   -23 20 27.9   21.2
           7.57253   19 58 35.75   -23 23 23.5   21.0
           7.57968   19 58 35.70   -23 23 23.7   20.9
           7.58682   19 58 35.56   -23 23 24.1   20.8
           7.59393   19 58 35.49   -23 23 24.2   21.2
          10.53884   19 57 57.62   -23 25 15.2   21.0
          10.55977   19 57 57.35   -23 25 15.7   20.9
          10.56997   19 57 57.22   -23 25 16.4   20.9
     July  4.44645   19 51 14.15   -23 42 34.0   20.6
           4.45479   19 51 13.95   -23 42 34.4   20.8
           4.46308   19 51 13.78   -23 42 34.6   21.1

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 N2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2025 July 13.40342 TT                                 Rudenko                 
q   3.7547922            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0076962      Peri.   75.58856     +0.81444875     -0.57685917             
 +/-0.0238045      Node   319.58866     +0.48827069     +0.73957069             
e   1.0288977      Incl.    5.53284     +0.31347244     +0.34679776             
From 23 observations 2022 June 2-July 6, mean residual 0".1.                    
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 06 08    19 58 30.5 -23 23 39   8.9219  9.7195   139.8     3.9  20.6
...
2022 06 23    19 54 46.3 -23 33 55   8.6949  9.6253   155.0     2.6  20.5
...
2022 07 01    19 52 20.9 -23 39 56   8.5978  9.5751   163.1     1.8  20.5
...
2022 07 07    19 50 23.4 -23 44 29   8.5370  9.5374   169.1     1.2  20.5
2022 07 08    19 50 03.2 -23 45 14   8.5278  9.5311   170.1     1.0  20.4
2022 07 09    19 49 43.0 -23 45 59   8.5190  9.5248   171.1     0.9  20.4
...
2022 07 15    19 47 39.2 -23 50 24   8.4723  9.4870   176.5     0.4  20.4
...
2022 07 23    19 44 51.1 -23 55 55   8.4266  9.4367   173.4     0.7  20.4
...
2022 08 07    19 39 43.8 -24 04 27   8.3921  9.3421   158.3     2.3  20.3

(MPEC 2022-N48、CBET 5148)


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.