Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 G2 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-10-23 22:17
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2279
オンライン
Comet C/2021 G2 (ATLAS)

CBET 4988に掲載されているA/2021 G2の彗星活動の報告についても確認された。
C. Holt (メリーランド大学)は、9月29日、チリのCerro Pachonにある4.1-m SOAR望遠鏡のグッド
マン分光器の青色カメラを使って120秒のCCD露出を行った(AEONキューイングモード使用)。
1".5のシーイングで、M. Micheliが測定したところ、7".8の集光したコマが見え、p.a.約315°に
向かってわずかに非対称性がある。g-バンドの5" の範囲で測定した全光度は19.2等であった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
X02  2021-04-21  E. Bryssinck       7"                           12x120s
L81  2021-05-11  A. Aletti          6" 

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept.29.34173    7 36 09.26   -24 39 08.9   20.0   Holt
          29.35168    7 36 09.41   -24 39 12.1   19.9     "
          29.36177    7 36 09.59   -24 39 15.4   19.9     "
          29.33671    7 36 09.17   -24 39 07.4   19.6     "
          29.34671    7 36 09.34   -24 39 10.5   19.9     "
          29.35675    7 36 09.51   -24 39 13.7   19.5     "

MPCの準放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 G2 (ATLAS)                                                           
Epoch 2024 Sept. 7.0 TT = JDT 2460560.5                                         
T 2024 Sept.  9.07772 TT                                Rudenko                 
q   4.9818992            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0000926      Peri.  343.27875     -0.84713288     +0.20052250             
 +/-0.0000171      Node   221.09514     -0.36000255     -0.89773074             
e   1.0004614      Incl.   48.47331     -0.39085041     +0.39226299             
From 91 observations 2020 Nov. 3-2021 Sept. 29, mean residual 0".5.             
                                                                                
    C/2021 G2 (ATLAS)                                                           
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2024 Sept. 10.00370 TT                                Rudenko                 
q   4.9761039            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0002428      Peri.  343.38128     -0.84635184     +0.20257823             
 +/-0.0000171      Node   221.14374     -0.36227105     -0.89691466             
e   0.9987920      Incl.   48.47637     -0.39044623     +0.39307271             
From 91 observations 2020 Nov. 3-2021 Sept. 29, mean residual 0".5.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 09 11    07 30 03.4 -23 07 38   9.7178  9.2849    61.8     5.5  20.1
...
2021 09 26    07 35 10.9 -24 21 40   9.4932  9.2034    70.3     5.9  20.0
...
2021 10 04    07 37 23.6 -25 03 59   9.3667  9.1600    75.1     6.1  20.0
...
2021 10 10    07 38 47.0 -25 36 38   9.2698  9.1274    78.7     6.2  19.9
2021 10 11    07 38 59.5 -25 42 08   9.2535  9.1220    79.4     6.2  19.9
2021 10 12    07 39 11.5 -25 47 38   9.2371  9.1166    80.0     6.2  19.9
...
2021 10 18    07 40 14.7 -26 20 55   9.1388  9.0841    83.7     6.3  19.9
...
2021 10 26    07 41 14.2 -27 05 30   9.0074  9.0407    88.8     6.3  19.8
...
2021 11 10    07 41 43.8 -28 27 27   8.7646  8.9594    98.2     6.3  19.7

(MPEC 2021-T206、CBET 5057)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.