Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 C5 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-3-13 12:26
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2199
オンライン
Comet C/2021 C5 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)は、2月12日UT、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m
Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た4枚の45秒w-バンドサーベイでほとんど活動を見せて
いない遠方の彗星を発見した。
発見画像は、1".0 のシーイングで非常に集光した1".45± 0".06(半値全幅:FWHM)のコマ
が見えるが尾はない。
彗星のような軌道のため、Werykはこの天体を小惑星センターのPCCP webpageに移動させ、
2020年12月22.5日UT(21.7-22.0等)から2021年1月23.5日(21.6-22.4等)を確認し、特別に
発見前のPan-STARRS1観測を提出した。
R. WainscoatとWerykは、3月5.3日、Mauna Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii望遠鏡
で得た、60-秒3枚gri-バンドフォローアップMegaCam画像から、この彗星の拡散した頭部
(0".8のシーイングで1".25の半値全幅:FWHM)について明瞭に拡張した点拡散関数 (PSF)が
見えるが、尾はなかった。

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 12.34529    9 37 34.19   +17 55 14.9   21.0
          12.35750    9 37 33.76   +17 55 15.0   21.2
          12.36973    9 37 33.35   +17 55 14.9   21.1
          12.38195    9 37 32.92   +17 55 14.9   21.1

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 C5 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Feb. 10.92662 TT                                 Rudenko                 
q   3.2411158            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0002492      Peri.  270.92500     -0.36132135     +0.81167784             
 +/-0.0001065      Node   323.68169     -0.16780604     -0.54075924             
e   0.9991922      Incl.   50.79435     -0.91721754     -0.22081333             
From 57 observations 2020 Dec. 22-2021 Mar. 6, mean residual 0".4.              
                                                                                
    C/2021 C5 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2023 Feb. 10.67811 TT                                 Rudenko                 
q   3.2404512            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0001322      Peri.  270.91297     -0.36139394     +0.81168713             
 +/-0.0001065      Node   323.69008     -0.16770187     -0.54068606             
e   1.0004283      Incl.   50.79708     -0.91720799     -0.22095834             
From 57 observations 2020 Dec. 22-2021 Mar. 6, mean residual 0".4.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 02 06    09 41 08.4 +17 55 21   6.1437  7.1253   174.1     0.8  21.5
...
2021 02 21    09 32 39.7 +17 53 51   6.0570  7.0243   167.0     1.8  21.4
...
2021 03 01    09 28 14.0 +17 50 45   6.0406  6.9703   158.2     3.0  21.3
...
2021 03 07    09 25 04.1 +17 47 05   6.0410  6.9299   151.6     3.9  21.3
2021 03 08    09 24 33.5 +17 46 21   6.0421  6.9231   150.5     4.1  21.3
2021 03 09    09 24 03.3 +17 45 34   6.0435  6.9164   149.4     4.2  21.3
...
2021 03 15    09 21 09.7 +17 40 10   6.0575  6.8759   142.8     5.0  21.3
...
2021 03 23    09 17 43.2 +17 30 45   6.0904  6.8219   134.1     6.0  21.3
...
2021 04 07    09 12 48.7 +17 06 09   6.1875  6.7206   118.3     7.5  21.2

(MPEC 2021-E64、CBET 4941)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.