Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 D1 (SWAN)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-3-13 12:24
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2199
オンライン
Comet C/2021 D1 (SWAN)

Michael Mattiazzo (Swan Hill, VIC, オーストラリア)の通報によると、2月25日、
彼は、地球-太陽 L1 ラグランジュ点にあるSolar and Heliospheric Observatory 
(SOHO: 太陽・太陽圏観測機)衛星に積載されているSolar Wind ANisotropies (SWAN: 
太陽風異方性検出装置)カメラの画像データからこの天体を検出した。
SWANは水素Lyman αの波長で毎日全空スキャンを作成するが、その画像は非常に乏し
い解像度で約1度よりよくない。

Mattiazzoによるの近似のSWAN位置は次のとおり、

     2021 UT           R.A. (2000) Decl.
     Feb. 19.5        22 54        + 7 40
          20.5        22 59        + 8 40
          21.5        23 04        + 9 35
          22.5        23 10        +10 35
          23.5        23 15        +11 45
          24.5        23 20        +12 30
          25.5        23 25        +13 20

地上からフォローアップ観測が行われた。
Michael Jaegerは、Stixendorf (オーストリア: A71)で0.28-m f/2.2 RASA反射望遠鏡
で得たCCD画像から次のように位置測定をした。

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Feb. 28.74010   23 30 34.24   +13 32 30.4   13.9   Jaeger
          28.74194   23 30 34.79   +13 32 35.8   13.8     "
          28.74540   23 30 35.74   +13 32 44.1   13.8     "
          28.74779   23 30 36.33   +13 32 50.8   13.4     "
          28.75019   23 30 37.03   +13 32 56.7   13.9     "
     Mar.  1.74112   23 35 09.41   +14 14 00.5   13.3     "
           1.74331   23 35 10.04   +14 14 05.6   13.4     "
           1.74550   23 35 10.59   +14 14 11.5   13.3     "
           1.74733   23 35 11.12   +14 14 17.0   13.4     "
           1.74917   23 35 11.67   +14 14 20.7   13.3     "
           2.74337   23 39 47.93   +14 55 21.6   13.9     "
           2.74692   23 39 48.97   +14 55 30.7   13.8     "
           2.74913   23 39 49.57   +14 55 36.8   13.9     "
           2.75145   23 39 50.17   +14 55 42.2   13.4     "

2月28.7日UT、Jaegerは、彗星は視野の端にあったが、良く集光した3'.5のコマと明瞭な
尾があり、全光度は10.5等と注記した。3月1.7日は、全光度10.8等で、230"のコマとp.a. 
11°に130"の尾が見えた。
小惑星センターのPCCP webpageに公表され、彗星状と観測された。
L. Buzzi (Varese, イタリア, 2月28日UT、0.84-m f/3.5 反射望遠鏡, 測定はA. Aletti
と彼, 彗星が高度約8°にあった時、尾はなく、少なくとも90"の集光したコマが見えた。
7".5の範囲で測定した光度は15.1等であった)や門田健一氏(埼玉県上尾市, 3月3.41日、
0.25-m f/5反射望遠鏡, CCD露出で中央集光と拡散した3'.5のコマがあり、北に向かって
短い尾の気配がある。全光度は11.4等)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
A71  2021-02-28  M. Jaeger          210"
204  2021-02-28  L. Buzzi            12"
N88  2021-03-01  Q.-Z. Ye            60"
A71  2021-03-01  M. Jaeger          230"    130"    11            3x130s
204  2021-03-01  L. Buzzi            15"                         30x15s
J77  2021-03-01  R. Miles            10"                         13x60s
A71  2021-03-02  M. Jaeger          240"                         11x40s,4x130a
247  2021-03-02  B. Lutkenhoner      30"                         31x30s
G37  2021-03-03  Q.-Z. Ye            90"

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 D1 (SWAN)                                                            
Epoch 2021 Mar. 7.0 TT = JDT 2459280.5                                          
T 2021 Feb. 27.52697 TT                                 Rudenko                 
q   0.8945463            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01282399     Peri.   72.18015     +0.81078280     -0.43424854             
a  18.0767609      Node   311.41703     +0.08359665     +0.74957799             
e   0.9505140      Incl.   31.56049     +0.57934691     +0.49956085             
P  76.9                                                                         
From 111 observations 2021 Feb. 28-Mar. 4, mean residual 0".6.                  
                                                                                
    C/2021 D1 (SWAN)                                                            
Epoch 2098 July 1.0 TT = JDT 2487520.5                                          
T 2098 June 21.92181 TT                                 Rudenko                 
q   0.8953541            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01281375     Peri.   72.51019     +0.80956318     -0.43568971             
a  18.0863907      Node   311.21230     +0.08556900     +0.75061462             
e   0.9504957      Incl.   31.53230     +0.58076278     +0.49674155             
P  76.9                                                                         
From 111 observations 2021 Feb. 28-Mar. 4, mean residual 0".6.                  
                                                                                
    C/2021 D1 (SWAN)                                                            
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 Feb. 27.52587 TT                                 Rudenko                 
q   0.8945398            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01280559     Peri.   72.17965     +0.81078657     -0.43424187             
a  18.0940690      Node   311.41705     +0.08359077     +0.74957864             
e   0.9505617      Incl.   31.56047     +0.57934249     +0.49956567             
P  77.0                                                                         
From 111 observations 2021 Feb. 28-Mar. 4, mean residual 0".6.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 02 02    21 44 16.0 -04 19 21   1.9076  1.0005    16.3    16.0  14.4
...
2021 02 17    22 40 20.3 +05 23 23   1.7782  0.9138    19.9    21.6  13.9
...
2021 02 25    23 13 52.4 +10 56 25   1.7242  0.8957    22.6    25.2  13.7
...
2021 03 03    23 40 59.8 +15 05 58   1.6939  0.8967    24.8    27.6  13.7
2021 03 04    23 45 41.5 +15 46 56   1.6899  0.8980    25.2    28.0  13.7
2021 03 05    23 50 26.2 +16 27 39   1.6862  0.8998    25.6    28.4  13.7
...
2021 03 11    00 19 58.3 +20 24 01   1.6706  0.9172    27.8    30.3  13.7
...
2021 03 19    01 02 00.1 +25 07 26   1.6697  0.9580    30.6    31.9  13.9
...
2021 04 03    02 26 04.2 +31 29 00   1.7338  1.0772    34.8    32.0  14.5

(MPEC 2021-E19、CBET 4939、oaa-comet 1625, 1651, 1661)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.