Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 Y2 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-2-26 21:39
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2462
オンライン
Comet C/2022 Y2 (Lemmon)

2022年12月24日、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で小惑星状天体が発見され、
小惑星センターのPCCP webpageに掲載された。
佐藤英貴氏(東京都文京区,1月27.21日UT, 60-秒露出12枚のスタック, 0.43-m f/6.8 
アストログラフ, Utah Desert Remote天文台, Beryl Junction近郊, ユタ州, 米国, 
遠隔操作:強く集光した8"のコマが見えるが尾はない。5".7.の円形範囲で測定した
光度は18.8等であった。この彗星は、2022年12月26.4日UT,60-秒露出20枚のスタック.
61-m f/6.5 アストログラフ, Sierra Remote天文台, Auberry近郊, カリフォルニア州, 
米国, 遠隔操作:恒星状にしか見えなかった。3".8の円形範囲で測定した光度は20.2等
であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G40  2023-01-27  B. Lutkenhoner     8"                           34x50s
204  2023-01-28  A. Aletti          7"                           58x60s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 24.46872   11 12 42.34   +23 44 17.4   20.0
          24.46963   11 12 42.23   +23 44 18.5   20.3
          24.47385   11 12 41.80   +23 44 24.4   20.2
          24.47478   11 12 41.73   +23 44 25.7   20.6
          24.47900   11 12 41.30   +23 44 31.2   20.3
          24.47991   11 12 41.20   +23 44 32.7   20.4
          24.48414   11 12 40.74   +23 44 38.2   20.1
          24.48507   11 12 40.70   +23 44 39.4   20.2

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 Y2 (Lemmon)                                                          
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Mar. 22.63600 TT                                 Bell                    
q   2.5449810            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01133484     Peri.  105.55067     -0.33787939     +0.93005906             
a  19.6272307      Node   216.34812     +0.74296109     +0.35769534             
e   0.8703342      Incl.  165.90700     +0.57779437     +0.08392964             
P  87.0                                                                         
From 102 observations 2022 Dec. 24-2023 Jan. 29, mean residual 0".6.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 01 01    10 58 06.6 +26 46 53   2.0070  2.6700   122.7    18.0  19.3
...
2023 01 16    10 11 57.7 +33 58 15   1.7552  2.6287   146.0    12.1  18.9
...
2023 01 24    09 36 11.6 +37 46 20   1.6813  2.6099   155.7     8.9  18.8
...
2023 01 30    09 04 46.6 +40 08 06   1.6600  2.5973   157.4     8.4  18.7
2023 01 31    08 59 15.8 +40 27 59   1.6594  2.5953   157.1     8.5  18.7
2023 02 01    08 53 41.7 +40 46 40   1.6597  2.5933   156.5     8.7  18.7
...
2023 02 07    08 19 42.9 +42 11 10   1.6789  2.5825   150.4    10.9  18.7
...
2023 02 15    07 35 57.3 +42 49 38   1.7484  2.5701   138.2    14.9  18.8
...
2023 03 02    06 31 24.9 +41 19 01   1.9839  2.5534   114.1    20.8  19.1

(MPEC 2023-B225、CBET 5211)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2022 Y2 (Lemmon) 佐藤裕久 2023-2-26 21:39

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.