Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 D2 (Kowalski)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-3-19 15:28
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2376
オンライン
Comet C/2022 D2 (Kowalski)

小惑星センターの報告(MPEC 2022-E46参照)によると、2月25日、R. A. Kowalskiは、
Mt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した
R. A. Kowalskiによると、30秒露出4枚のスタックで、核集光の周辺に活動を示し、それ
がより明白になった。この彗星は、非常に集光した10" のコマがあるが、尾はない。
この彗星は、その後発見前のMt Lemmonの画像、1月21日UT、(20.4〜21.1等)と2月14.2日
(19.6〜20.1等)からも確認された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,2月25.2日UT, 60-秒
露出16枚のスタック,0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州,  
米国,遠隔操作: 中程度に集光した15"のコマが見えるが尾はなかった。9".6の円形範囲で
測定した光度は19.4等であった)やF. Kugel (Dauban, フランス, 3月1.77-1.79日, 0.4-m 
f/2.8反射望遠鏡: 約6 "のコマとp.a.290°に20 "の尾がある)らCCD位置観測者によって
彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
I52  2022-02-24  D. C. Fuls         8".2     4"      60        
H06  2022-02-25  H. Sato           15"                         16x60s
B42  2022-02-27  V. Nevski         10"
K51  2022-02-27  R. Furgoni         3"       9"      90        18x60s
204  2022-03-01  A. Aletti          7"               80        60x60s
246  2022-03-02  M. Tichy           8"      12"     230

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Feb. 25.12135    4 35 44.76   +34 23 24.4   19.8   Kowalski
          25.12700    4 35 45.59   +34 23 17.5            "
          25.13266    4 35 46.48   +34 23 11.3   20.2     "
          25.13830    4 35 47.42   +34 23 05.3   19.8     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 D2 (Kowalski)                                                        
Epoch 2022 Apr. 11.0 TT = JDT 2459680.5                                         
T 2022 Mar. 27.57462 TT                                 Rudenko                 
q   1.5552175            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0025272      Peri.  177.79129     -0.64843045     -0.70625647             
 +/-0.0001551      Node   312.46717     +0.69241714     -0.39203557             
e   0.9960696      Incl.   22.65608     +0.31638022     -0.58949972             
From 84 observations 2022 Jan. 21-Mar. 3, mean residual 0".5.                   
                                                                                
    C/2022 D2 (Kowalski)                                                        
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2022 Mar. 27.57587 TT                                 Rudenko                 
q   1.5552186            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0025538      Peri.  177.79204     -0.64843796     -0.70624860             
 +/-0.0001551      Node   312.46704     +0.69241333     -0.39204152             
e   0.9960283      Incl.   22.65623     +0.31637318     -0.58950518             
From 84 observations 2022 Jan. 21-Mar. 3, mean residual 0".5.                   
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 02 01    03 39 39.4 +41 47 33   1.1272  1.7243   109.2    32.7  19.6
...
2022 02 16    04 12 24.7 +37 13 03   1.1485  1.6470   100.6    36.1  19.5
...
2022 02 24    04 32 46.1 +34 44 27   1.1676  1.6145    96.6    37.5  19.4
...
2022 03 02    04 49 00.1 +32 51 16   1.1856  1.5944    93.8    38.3  19.4
2022 03 03    04 51 46.5 +32 32 15   1.1888  1.5915    93.3    38.4  19.4
2022 03 04    04 54 33.8 +32 13 10   1.1922  1.5886    92.9    38.6  19.4
...
2022 03 10    05 11 36.6 +30 17 35   1.2143  1.5739    90.4    39.1  19.4
...
2022 03 18    05 34 56.5 +27 40 19   1.2488  1.5608    87.4    39.6  19.4
...
2022 04 02    06 19 26.0 +22 36 24   1.3304  1.5570    82.6    39.5  19.5

(MPEC 2022-E47、CBET 5105)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2022 D2 (Kowalski) 佐藤裕久 2022-3-19 15:28

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.