Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 J3 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-5-31 23:08
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2021
オンライン
Comet C/2019 J3 (ATLAS)

5月14日UT、Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last 
Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
この天体は、地球近傍らしいとATLASチームによって報告され、小惑星センターのNEOCP webpageに
公表された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、W. Ryan (Magdalena Ridge天文台, 2.4-m 反射望遠鏡, 
5月15.44-15.46日UT, コマ天体は、明らかに彗星で大きさが10"より大きい明瞭なコマが見える)や
佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope 天文台, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, 
遠隔操作:5月15.8日UT、60秒露出10枚のスタックで、強く集光した12" のコマが見えるが尾はない。
6".5の円形範囲で測定した光度は17.8等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     May  14.54253   20 23 52.92   -31 36 37.3   18.7
          14.54627   20 23 52.39   -31 36 36.4   18.6
          14.55140   20 23 51.70   -31 36 34.2   18.7
          14.56152   20 23 50.39   -31 36 31.9   17.3

楕円の逆行軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 J3 (ATLAS)
Epoch 2019 July 16.0 TT = JDT 2458680.5
T 2019 Aug. 1.11846 TT                                  MPCW
q   2.3726019            (2000.0)            P               Q
n   0.00778307     Peri.   15.87022     -0.16984805     -0.63177409
a  25.2175070      Node   270.53804     -0.96628573     -0.04392895
e   0.9059145      Incl.  130.85663     -0.19350329     +0.77390680
P 127
From 37 observations 2019 May 14-21, mean residual 0".6.

    C/2019 J3 (ATLAS)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 Aug. 1.15541 TT                                  MPCW
q   2.3725188            (2000.0)            P               Q
n   0.00779713     Peri.   15.88366     -0.16998531     -0.63171005
a  25.1871841      Node   270.53827     -0.96629904     -0.04371293
e   0.9058045      Incl.  130.85464     -0.19331620     +0.77397131
P 126
From 37 observations 2019 May 14-21, mean residual 0".6.

Ephemeris:
    C/2019 J3 (ATLAS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2019 04 23    20 54 58.5 -33 09 18   2.4723  2.5967    85.6    22.7  19.6
...
2019 05 08    20 36 27.7 -32 08 14   2.1081  2.5373   103.3    22.8  19.2
...
2019 05 16    20 20 37.5 -31 28 33   1.9219  2.5089   114.0    21.6  18.9
...
2019 05 22    20 05 18.4 -30 49 46   1.7910  2.4891   122.8    20.0  18.7
2019 05 23    20 02 26.3 -30 42 12   1.7702  2.4860   124.3    19.6  18.7
2019 05 24    19 59 28.6 -30 34 13   1.7498  2.4829   125.9    19.3  18.7
...
2019 05 30    19 39 42.6 -29 36 40   1.6352  2.4650   135.8    16.7  18.5
...
2019 06 07    19 08 09.1 -27 45 38   1.5102  2.4435   150.2    11.9  18.3
...
2019 06 22    17 58 31.1 -22 01 06   1.3945  2.4105   178.5     0.6  18.0

     Initally reported as a NEO candidate by the ATLAS program, the first
report of cometary activity came from W. Ryan (H01, May 15), who reported
a distinct coma more than 10" in diameter.  M. Masek (I47, May 16) described
a ~12" coma but no tail in 14 stacked 60-s exposures.  H. Sato (Q62, May 15)
reported a 12" nebulous coma but no tail in ten stacked 60-s exposures.

(CBET 4630、MPEC 2019-K14)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2019 J3 (ATLAS) 佐藤裕久 2019-5-31 23:08

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.