Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 K1 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-5-31 18:56
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2005
オンライン
Comet C/2019 K1 (ATLAS)

5月16日UT、Mauna Loaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last 
Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
5月17.07日UT、1".6のシーイングで、J. D. ArmstrongとL. Denneauは、南アフリカ、Sutherlandにある
Las Cumbres天文台の1.0-m f/8 改造したRitchey-Chretien望遠鏡で得たフォローアップCCD観測から、
FWHM (半値全幅)が > 2".2の彗星活動が見える。V光度は18.0等ぐらいであった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、T. Chen、P. Sunと D. W. E. Green (5月18.8日UT、BIST
サーベイのコースでCorona Borealis天文台 (Jiama'erdeng mountain, Ngari,チベット, 中国)の0.3-m 
f/7.2 反射望遠鏡で得た40秒54枚フィルターなしの露出から、集光した約4"のコマとp.a. 267°〜333°
にわたって明らかに約7"のかすかな扇型の尾が見え、10"の範囲の光度は18.4等であった。5月21.7日 
(シーイングは約2".7)に得た、40秒BIS露出による24枚のスタックから、約5"のコマで暗く、拡散状で、
p.a. 約 260°〜10°(西南西から北北東)に約4"〜5"扇型に広がっている。10"の範囲の光度は17.4等で
あった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     May  16.48248   17 16 29.89   -24 33 15.3   17.1
          16.48903   17 16 29.42   -24 33 20.3   17.6
          16.49184   17 16 29.19   -24 33 22.5   17.4
          16.49694   17 16 28.77   -24 33 25.7   17.4
          16.50265   17 16 28.34   -24 33 28.7   17.5
          16.50659   17 16 27.91   -24 33 29.8   17.6

双曲線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 K1 (ATLAS)
Epoch 2020 Feb. 1.0 TT = JDT 2458880.5
T 2020 Feb. 7.87342 TT                                  MPCW
q   2.0565677            (2000.0)            P               Q
z  -0.0307658      Peri.  263.53684     -0.00973407     +0.28503461
 +/-0.0155902      Node    73.48187     +0.29006816     +0.91810377
e   1.0632719      Incl.   88.66046     -0.95695648     +0.27539197
From 72 observations 2019 May 16-23, mean residual 0".5.

    C/2019 K1 (ATLAS)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2020 Feb. 7.70775 TT                                  MPCW
q   2.0563309            (2000.0)            P               Q
z  -0.0314468      Peri.  263.51269     -0.01008483     +0.28495812
 +/-0.0155902      Node    73.48461     +0.28974724     +0.91824602
e   1.0646650      Incl.   88.67466     -0.95705007     +0.27499658
From 72 observations 2019 May 16-23, mean residual 0".5.

     The original and future 1/a values are, respectively, -0.03041778 au^-1
and -0.03022940 au^-1 (corresponding e values are 1.06187456 and 1.06218432).

Ephemeris:
    C/2019 K1 (ATLAS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2019 04 23    17 39 34.2 -20 44 52   3.2410  3.9293   127.0    11.8  18.5
...
2019 05 08    17 26 45.1 -23 04 45   2.9293  3.7966   144.5     8.9  18.1
...
2019 05 16    17 17 08.5 -24 28 03   2.7891  3.7260   154.3     6.8  17.9
...
2019 05 22    17 08 40.5 -25 33 15   2.6982  3.6732   161.8     4.9  17.8
2019 05 23    17 07 09.7 -25 44 15   2.6843  3.6644   163.0     4.6  17.8
2019 05 24    17 05 37.3 -25 55 17   2.6708  3.6556   164.2     4.3  17.8
...
2019 05 30    16 55 49.3 -27 01 43   2.5979  3.6030   171.2     2.5  17.6
...
2019 06 07    16 41 28.7 -28 29 00   2.5235  3.5330   173.1     2.0  17.5
...
2019 06 22    16 12 25.2 -30 58 54   2.4548  3.4028   154.9     7.3  17.3

(CBET 4629、MPEC 2019-K13)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2019 K1 (ATLAS) 佐藤裕久 2019-5-31 18:56

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.