Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     板垣さんがいて座に新星を発見
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-5-21 23:08
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2484
オンライン
板垣さんがいて座に新星を発見

                            VSOLJニュース(382)

                       板垣さんがいて座に新星を発見


                                              著者:前原裕之(国立天文台)
                                      連絡先:hiroyuki.maehara@nao.ac.jp

 山形県の板垣公一(いたがきこういち)さんは、5月16.668日(世界時; 以下同様)
に口径10.6cmの屈折望遠鏡を用いていて座を撮影した画像から、12等の新天体を
発見しました。発見者の板垣さんご自身の観測によると、この天体の位置は

赤経: 17時 58分 34.14秒
赤緯: -26度 52分 30.0秒  (2000.0年分点)

です。K. Sokolovskyさんらのグループによる観測やAll-Sky Automated Survey
for Supernovae (ASAS-SN)の観測によると、この天体は板垣さんの発見前から明
るくなりはじめ、前日の15.920には13.1等まで増光していたことが分かりました。
また、発見報告後の多色測光観測によると、この天体は極めて赤い色をしている
ことも分かりました。
 この天体の分光観測は板垣さんによる発見の直後の5月16.78日に京都大学岡山
天文台の3.8mせいめい望遠鏡によって行われました。その結果によると、この天
体のスペクトルにはP CygniプロファイルをもつHα線とHβ線、中性酸素の輝線
がみられ、Hα線のP Cygniプロファイルの吸収成分は輝線のピークに対して秒速
570kmほど青方偏位していることが分かりました。このようなスペクトルの特徴
から、この天体が古典新星であることが確認されました。この天体にはいて座
V6597 (V6597 Sgr) との変光星名が付けられましたので、観測報告にはこの名称
をお使い下さい。

                                                          2023年 5月21日

参考文献
CBAT "Transient Object Followup Reports" TCP J17583414-2652300
CBET 5260: V6597 SAGITTARII = NOVA SAGITTARII 2023 No. 2
Taguchi, K., 2023, ATel #16038

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 板垣さんがいて座に新星を発見 佐藤裕久 2023-5-21 23:08

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.