Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 C2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-2-23 12:03
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2321
オンライン
Comet P/2022 C2 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、2月2日UT、Haleakala
にあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で、弱いシーイング(半値全幅:
FWHMは2")で得た画像から彗星を発見した。
4枚の45秒w-バンドサーベイ画像では、シーイングよりわずかに大きく(FWHMは2".1)拡散した
コマが見え、スタック画像ではp.a. 270°に向かって4" の尾がある。
Werykは、2月3.6日UT、R. WainscoatがMauna Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii望遠鏡
で得た3枚のgri-バンドフォローアップ画像から1".2のシーイングで、1".5(FWHM)の非常に
集光したコマが見え、明らかにp.a. 245-300°にまたがって少なくとも4"の広い尾があると
追記した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、L. Buzzi (Varese,イタリア,2月6.2日UT, 60秒CCD
露出87枚のスタック, 0.84-m f/3.5 反射望遠鏡, G. Galliと彼が観測, 測定はA. Aletti, 
非常に集光した5"のコマが東西にやや細く見え、p.a.約300°に非常に淡い7"の尾がある。
光度は20.3等であった)CCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2022-02-02  R. Weryk           0".1     4"     270         4x45s
204  2022-02-06  A. Aletti          5"       7"     300
F52  2022-02-12  Y. Ramanjooloo     2"       2"     268         4x45s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb.  2.54706   13 47 57.59   - 1 10 58.4   20.8
           2.55719   13 47 57.87   - 1 10 57.6   20.6
           2.56733   13 47 58.14   - 1 10 56.7   20.6
           2.57751   13 47 58.41   - 1 10 56.2   20.6

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 C2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 July 28.71749 TT                                 Rudenko                 
q   3.3963388            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06453338     Peri.   87.26297     -0.72323668     +0.67977833             
a   6.1557329      Node   135.52358     -0.68232491     -0.67615603             
e   0.4482641      Incl.   10.00983     -0.10658998     -0.28410289             
P  15.3                                                                         
From 40 observations 2022 Feb. 2-13, mean residual 0".3.                        
                                                                                
    P/2022 C2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2037 Dec. 8.0 TT = JDT 2465400.5                                          
T 2037 Nov. 27.47964 TT                                 Rudenko                 
q   3.4716404            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06367387     Peri.   88.59933     -0.72707296     +0.67517646             
a   6.2110053      Node   133.84796     -0.67833114     -0.67845393             
e   0.4410502      Incl.    9.94143     -0.10598003     -0.28954622             
P  15.5                                                                         
From 40 observations 2022 Feb. 2-13, mean residual 0".3.                        
                                                                                
    P/2022 C2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2022 July 28.73217 TT                                 Rudenko                 
q   3.3963070            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06447753     Peri.   87.26451     -0.72318145     +0.67983797             
a   6.1592872      Node   135.52672     -0.68238019     -0.67610354             
e   0.4485876      Incl.   10.00998     -0.10661084     -0.28408509             
P  15.3                                                                         
From 40 observations 2022 Feb. 2-13, mean residual 0".3.                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 01 17    13 38 17.7 -01 16 20   3.4066  3.5992    93.3    15.8  20.7
...
2022 02 01    13 47 13.1 -01 12 43   3.1668  3.5702   106.3    15.4  20.5
...
2022 02 09    13 50 38.6 -01 00 49   3.0452  3.5555   113.5    14.7  20.4
...
2022 02 15    13 52 32.3 -00 47 25   2.9585  3.5448   119.0    14.1  20.4
2022 02 16    13 52 47.8 -00 44 49   2.9445  3.5431   120.0    14.0  20.3
2022 02 17    13 53 02.3 -00 42 07   2.9306  3.5414   120.9    13.8  20.3
...
2022 02 23    13 54 07.5 -00 23 49   2.8504  3.5311   126.6    13.0  20.3
...
2022 03 03    13 54 35.8 +00 05 46   2.7524  3.5181   134.4    11.6  20.2
...
2022 03 18    13 52 32.4 +01 13 35   2.6032  3.4952   149.2     8.4  20.0

(MPEC 2022-D01、CBET 5098)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet P/2022 C2 (PANSTARRS) 佐藤裕久 2022-2-23 12:03

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.