Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 K3 (Catalina)
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-7-7 0:02
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2256
オンライン
Comet C/2021 K3 (Catalina)

5月20日、Catalina スカイサーベイのコースに、Kitt Peakにある2.3-m Bok反射望遠鏡に
より、小惑星状天体が発見された。
それが、小惑星センターのPCCP webpageに公表後、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m 
Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から彗星活動を見せることがわかった。
R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の記述によると、6月13.52-13.55日と
18.51-18.55日UTの2夜それぞれに得た45秒4枚のw-バンドPan-STARRS1サーベイ画像から、
1".0のシーイングで、拡散した1".5-1".6(半値全幅:FWHM)のコマが見えるが尾はなかった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2021-06-13  R. Weryk           0".5                          4x45s
F51  2021-06-18  R. Weryk           0".5                          4x45s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     May  20.42230   21 24 01.26   + 5 03 31.8   21.9
          20.42664   21 24 01.16   + 5 03 31.1   21.8
          20.43098   21 24 01.10   + 5 03 30.3   21.8
          20.43532   21 24 01.00   + 5 03 30.2   21.5

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 K3 (Catalina)                                                        
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2022 Feb. 3.32534 TT                                  Rudenko                 
q   5.2278070            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0008931      Peri.  182.08217     +0.39029989     -0.65585912             
 +/-0.0008014      Node   114.44826     -0.83412483     +0.04520058             
e   1.0046692      Incl.  134.78155     -0.38974575     -0.75352885             
From 68 observations 2021 May 20-June 25, mean residual 0".3.                   
                                                                                
    C/2021 K3 (Catalina)                                                        
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2022 Feb. 2.85498 TT                                  Rudenko                 
q   5.2284578            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0009894      Peri.  182.01861     +0.39081211     -0.65585314             
 +/-0.0007998      Node   114.43568     -0.83426434     +0.04409211             
e   1.0051732      Incl.  134.81443     -0.38893303     -0.75359972             
From 68 observations 2021 May 20-June 25, mean residual 0".3.                   
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 05 26    21 21 59.3 +04 50 42   5.3028  5.5620    99.6    10.3  21.1
...
2021 06 10    21 14 17.9 +04 01 33   5.0163  5.5250   115.2     9.6  20.9
...
2021 06 18    21 08 49.9 +03 25 12   4.8766  5.5061   123.7     8.8  20.8
...
2021 06 24    21 04 07.4 +02 52 48   4.7804  5.4922   130.3     8.1  20.8
2021 06 25    21 03 17.4 +02 46 58   4.7652  5.4899   131.3     8.0  20.8
2021 06 26    21 02 26.5 +02 41 00   4.7503  5.4877   132.4     7.9  20.8
...
2021 07 02    20 57 05.1 +02 02 30   4.6665  5.4743   139.0     7.0  20.7
...
2021 07 10    20 49 16.3 +01 04 03   4.5718  5.4569   147.5     5.7  20.7
...
2021 07 25    20 33 05.8 -01 05 45   4.4555  5.4259   161.0     3.5  20.6

(MPEC 2021-M87、CBET 4991)

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » Comet C/2021 K3 (Catalina) 佐藤裕久 2021-7-7 0:02

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.