Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     西村さんがさそり座に今年2つ目の新星を発見
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-2-13 22:31
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1895
オンライン
西村さんがさそり座に今年2つ目の新星を発見

                            VSOLJニュース(341)

                西村さんがさそり座に今年2つ目の新星を発見

                                                著者:前原裕之(京都大学)
                                    連絡先:maehara@kwasan.kyoto-u.ac.jp

 さそり座の中に新星が発見されたというニュースを先月お知らせしたばかりで
すが、同じさそり座の中に別な新星が発見されました。新星を発見したのは静岡
県掛川市の西村栄男(にしむらひでお)さんで、先月発見されたさそり座新星に続
き今年2個目の発見です。西村さんは2月6.863日(世界時、以下同様)に焦点距離
200mmのレンズとデジタルカメラを用いて撮影した画像から、11.7等の新天体を
発見しました。この天体は西村さんが発見前日の5.864日に撮影した画像は写っ
ておらず、短期間のうちに明るくなった天体であることが分かりました。西村さ
んの観測によると、この天体の正確な位置は

赤経:16時 48分 49.64秒
赤緯:-44度 57分 03.1秒   (2000.0年分点)

です。
 発見翌日の2月7日に静岡県の金子さんや千葉県の清田さんが行なった観測によ
ると、この天体は発見時よりも1等以上増光し、10等ほどにまで明るくなってい
ることが分かりました。清田さんはこの天体の分光観測も行ない、11.76日に撮
影したこの天体のスペクトルに水素のバルマー系列の輝線が見られることを報告
しました。また、12.39日にチリにある口径4.1mのSOAR望遠鏡で行なわれた分光
観測や、12.1日に口径10mの南アフリカ大型望遠鏡(SALT)で行なわれた分光観測
によると、この天体のスペクトルには幅の広い水素のバルマー系列や1階電離し
た鉄、中性酸素など多数の輝線がみられることが分かり、これらの観測結果から
この天体が古典新星であると判明しました。

                                                           2018年2月13日

参考文献
CBET 4488: NOVA SCORPII 2018 No. 2 = PNV J16484962-4457032
Strader, J., et al., ATel #11289
Aydi, E., et al., ATel #11290

フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 西村さんがさそり座に今年2つ目の新星を発見 佐藤裕久 2018-2-13 22:31

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.