Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 N3 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-7-25 22:41
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2256
オンライン
Comet C/2021 N3 (PANSTARRS)

Y. Ramanjooloo (ハワイ大学、天文学研究所)の通報によると、7月13日、Haleakalaにある
Pan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)によって、追加月に遡って多くの発見前
の観測が確認された。Ramanjoolooは、7月13日に得た1".0のシーイングのスタック画像に、
拡散した2".5のコマがあり、広く、p.a. 200°に向かって低表面輝度の尾があったかもしれ
ないと注記した。
Werykは、6月13日、1".1のシーイングで得た45秒4枚のw-バンドサーベイ画像は、約1".9 
(半値全幅:FWHM)の集光したコマが見えるが、明らかな尾はない。6月20日、1".2のシーイング
で得た45秒4枚のw-バンドサーベイ画像は、同じ外観を示す一方、7月6日、1".5のシーイングで
得た45秒4枚のw-バンドサーベイ画像は、集光した2".3 (FWHM)のコマが見えるが、また明らか
な尾はない。WerykとR. Wainscoatが、7月14.54日UT、1".0のシーイングでMauna Keaにある 
3.6-m Canada-France-Hawaii望遠鏡で得た、60秒3枚のgri-バンドフォローアップ画像では、
非常に集光した2".0のコマとp.a. 200-240°にまたいで10"以上の広い尾が見えた。
Werykは、7月17.52-17.55日に得た、45秒4枚のw-バンドPan-STARRS1画像が、1".6 のシーイング
で集光した2".35 (FWHM)のコマと非常にかすかな、p.a. 200-240°に15"の広い尾が見えると
加えた。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、E. Guido (Castellammare di Stabia, イタリア、7月
14.3日UT, フィルターなし120秒露出35枚のスタック, "Telescope Live" の0.61-m f/6.5 アスト
ログラフ, El Sauce, チリ, 遠隔操作:こじんまりした約9"のコマが見えた。光度は19.4-19.6等)
や佐藤英貴氏(東京都文京区, 7月21.8日, 60秒露出12枚のスタック,  0.51-m f/6.8 アストログラ
フ, Siding Spring, NSW, オーストラリア, 遠隔操作: 強く集光した8" のコマが見えが尾はない。
6".6の円形範囲で測定した光度は19.3等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2021-06-13  R. Weryk           0".8                          4x45s
F51  2021-06-20  R. Weryk           0".7                          4x45s
F51  2021-07-06  R. Weryk           0".8                          4x45s
X02  2021-07-14  E. Guido           9"                           16x180s
568  2021-07-14  R. Weryk           1"       10"    200-240       3x60s
F51  2021-07-17  R. Weryk           0".7     15"    200-240       4x45s
Q62  2021-07-21  H. Sato            9"                           12x60s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 13.57173   21 55 51.78   -26 10 36.5   20.7
          13.58228   21 55 51.74   -26 10 36.2   20.1
          13.59285   21 55 51.71   -26 10 35.9   20.2
          13.60344   21 55 51.68   -26 10 35.7   20.4
          20.56904   21 55 20.79   -26 08 00.3   20.0
          20.57637   21 55 20.75   -26 08 00.3   20.3
          20.58373   21 55 20.69   -26 08 00.1   20.3
          20.59106   21 55 20.63   -26 08 00.1   20.1
     July  6.46331   21 52 13.97   -26 06 12.4   20.1
           6.47456   21 52 13.78   -26 06 12.5   20.0
           6.48583   21 52 13.57   -26 06 12.6   19.8
           6.50229   21 52 13.30   -26 06 12.6   20.2
          13.51529   21 50 04.24   -26 06 16.4   20.5
          13.52573   21 50 04.00   -26 06 16.4   20.6
          13.53617   21 50 03.81   -26 06 16.3   20.8
          13.54660   21 50 03.58   -26 06 16.4   20.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 N3 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2020 Aug. 19.0 TT = JDT 2459080.5                                         
T 2020 Aug. 13.96941 TT                                 Rudenko                 
q   5.6959735            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0072445      Peri.  303.99106     +0.23486482     +0.95688196             
 +/-0.0000066      Node   337.61999     -0.67578783     +0.03434835             
e   0.9587355      Incl.   26.67440     -0.69867684     +0.28843909             
From 31 observations 2021 June 13-July 21, mean residual 0".1.                  
                                                                                
    C/2021 N3 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2020 Aug. 16.87132 TT                                 Rudenko                 
q   5.7003346            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0063770      Peri.  304.37515     +0.23963028     +0.95548233             
 +/-0.0000002      Node   337.50499     -0.67531279     +0.03665847             
e   0.9636488      Incl.   26.73778     -0.69751699     +0.29276214             
From 31 observations 2021 June 13-July 21, mean residual 0".1.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 06 22    21 55 10.5 -26 07 37   5.4281  6.1004   127.5     7.6  20.0
...
2021 07 07    21 52 05.0 -26 06 11   5.3070  6.1383   141.8     5.9  20.0
...
2021 07 15    21 49 33.8 -26 06 16   5.2621  6.1591   149.4     4.8  20.0
...
2021 07 21    21 47 20.9 -26 06 07   5.2389  6.1749   155.0     4.0  20.0
2021 07 22    21 46 57.3 -26 06 03   5.2359  6.1776   155.9     3.8  20.0
2021 07 23    21 46 33.4 -26 05 58   5.2332  6.1803   156.8     3.7  20.0
...
2021 07 29    21 44 03.4 -26 05 05   5.2227  6.1964   162.0     2.9  20.0
...
2021 08 06    21 40 29.8 -26 02 28   5.2244  6.2183   167.4     2.0  20.0
...
2021 08 21    21 33 37.7 -25 51 15   5.2777  6.2603   165.0     2.4  20.1

(MPEC 2021-O39、CBET 5003)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.