Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2019 A4 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-1-29 12:41
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2005
オンライン
Comet P/2019 A4 (PANSTARRS)

R. Wainscoat、Y. RamanjoolooとR. Weryk (ハワイ大学、天文学研究所)の通報によると、1月
10.4日UT、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien望遠鏡で得た45秒3枚のw-バ
ンド露出から彗星を発見した(後でWerykが1月3日の発見前のPan-STARRS1観測もともに報告が
あった)。
この天体は、p.a. 約275°に約7"の尾が見える。頭部コマのFWHM(半値全幅)は近傍の恒星が
1".6であるのに対し3".6であった。3日の観測(45秒4枚のw-バンドイメージ)では、約8"西に向
かって尾が伸びており、FWHMは1".3のシーイングで、約2".2であった。
Werykの追加報告では、1月11.37日UT、Wainscoatと彼がMauna Keaにある3.6-m Canada-France-
Hawaii 望遠鏡で得たフォローアップ60秒3枚のgri-バンド露出で、p.a. 280°に向かって10"の
尾が見えた(FWHMは0".66のシーイングで、1".34であった)。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. A. Mastaler (Kitt Peak, Spacewatch 0.9-m f/3
反射望遠鏡;1月12.3日、1".4のシーイングでかすかにコマが見えた。r光度は19.6-19.8等で、
p.a. 約280°に約4"〜6"の尾がある)や佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope 天文台, 0.51-m 
f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, 遠隔操作;1月12.6 日、60秒露出10枚のスタック, 強く
集光した8" のコマとp.a. 280°に向かって10" の尾の気配ある。4".9の円形範囲で測定した光
度は19.3 等であった)によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  3.54298    7 42 48.97   +17 25 50.6
           3.55524    7 42 48.25   +17 25 56.6   20.1
           3.56748    7 42 47.55   +17 26 02.7   20.0
          10.36534    7 36 21.79   +18 24 35.8   20.6
          10.37717    7 36 21.05   +18 24 42.3   20.5
          10.38916    7 36 20.34   +18 24 48.6   20.6

暫定楕円軌道軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2019 A4 (PANSTARRS)
Epoch 2018 Nov. 18.0 TT = JDT 2458440.5
T 2018 Nov. 29.53062 TT                                 MPCW
q   2.3561010            (2000.0)            P               Q
n   0.23426596     Peri.  339.90577     -0.16985269     -0.96575377
a   2.6061331      Node   119.42691     +0.93213489     -0.22203465
e   0.0959399      Incl.   13.01407     +0.31980401     +0.13423961
P   4.21
From 43 observations 2019 Jan. 3-17, mean residual 0".5.

    P/2019 A4 (PANSTARRS)
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5
T 2023 Feb. 18.51152 TT                                 MPCW
q   2.3627954            (2000.0)            P               Q
n   0.23428326     Peri.  340.98412     -0.18703008     -0.96259032
a   2.6060048      Node   119.37112     +0.92793847     -0.23861914
e   0.0933265      Incl.   13.00163     +0.32241268     +0.12837750
P   4.21
From 43 observations 2019 Jan. 3-17, mean residual 0".5.

    P/2019 A4 (PANSTARRS)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2018 Nov. 29.39703 TT                                 MPCW
q   2.3560621            (2000.0)            P               Q
n   0.23432458     Peri.  339.86878     -0.16923084     -0.96586051
a   2.6056984      Node   119.42695     +0.93227933     -0.22143727
e   0.0958040      Incl.   13.01488     +0.31971265     +0.13445823
P   4.21
From 43 observations 2019 Jan. 3-17, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    P/2019 A4 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 12 18    07 55 05.5 +15 23 41   1.4666  2.3570   147.6    12.9  19.6
...
2019 01 02    07 44 12.3 +17 13 02   1.3938  2.3590   165.6     6.0  19.4
...
2019 01 10    07 36 42.9 +18 21 24   1.3792  2.3605   175.1     2.0  19.4
...
2019 01 16    07 30 50.5 +19 14 25   1.3801  2.3618   175.4     1.9  19.4
2019 01 17    07 29 52.0 +19 23 16   1.3812  2.3621   174.3     2.4  19.4
2019 01 18    07 28 53.7 +19 32 06   1.3826  2.3623   173.2     2.8  19.4
...
2019 01 24    07 23 15.5 +20 24 22   1.3970  2.3639   165.9     5.8  19.5
...
2019 02 01    07 16 35.0 +21 30 28   1.4312  2.3663   156.2     9.7  19.5
...
2019 02 16    07 08 26.3 +23 16 32   1.5365  2.3716   138.9    15.9  19.7

(CBET 4600、MPEC 2019-B44)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.