Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 Y1 (Iwamoto)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-12-22 4:15
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1999
オンライン
Comet C/2018 Y1 (Iwamoto)

遠藤勇夫氏(国立天文台)の通報によると、岩本雅之氏(徳島県阿波市)は、12月18.84日UT頃、10cm f/4.0
ペンタックスSDUF II望遠レンズ+キヤノンEOS6Dカメラによって得た2回の60秒CCD露出で14.5等の彗星を
発見した。岩本氏は、赤経 14h17m45s、赤緯-24°44' (J2000.0分点)と概略位置を報告した。
中野主一氏(兵庫県洲本市)は、発見イメージが青色のコマが見えると報告し、彼は、岩本氏の画像を測定
した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、門田健一氏 (埼玉県上尾市, 0.25-m f/5 反射望遠鏡;12月19.8
日、2'.0の拡散したコマが見え、全光度13.4等で中央集光があり尾はない)や佐藤英貴氏(東京都
文京区, iTelescope 天文台, 0.25-m f/3.4 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作;
12月20.5日UT、60秒露出8枚のスタック、強い集光があり、外側に2'.9の コマがあるが明らかな尾はない。
86".6. の円形範囲で測定した全光度は12.8等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Dec. 18.8410    14 17 45.33   -24 44 13.4   12     Iwamoto
          18.8417    14 17 45.36   -24 44 15.8            "

中野主一氏とGareth V. Williamsによる軌道要素と位置推算表は次のとおり、

     T = 2019 Jan. 25.5883 TT         Peri. = 353.2768
                                      Node  = 139.7921  2000.0
     q = 1.122670 AU                  Incl. = 160.7131

     From 12 observations Dec. 18-20.

Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase  Mag.
2018 12 18    14 17.77   -24 46.1    1.748    1.282    46.2    33.7  11.0
2018 12 23    14 17.47   -24 33.4    1.597    1.246    51.3    38.0  10.7
2018 12 28    14 16.59   -24 16.4    1.437    1.214    56.5    42.5  10.4
2019 01 02    14 14.92   -23 53.4    1.270    1.186    62.0    47.1  10.1
2019 01 07    14 12.11   -23 20.8    1.096    1.162    67.7    51.5   9.7
2019 01 12    14 07.51   -22 32.3    0.915    1.144    74.0    55.7   9.2
2019 01 17    13 59.85   -21 14.6    0.731    1.131    81.1    59.2   8.7
2019 01 22    13 46.17   -18 55.3    0.544    1.124    90.0    61.1   8.1
2019 01 27    13 17.93   -13 51.8    0.360    1.123   103.2    58.6   7.2
2019 02 01    12 00.79   +01 29.7    0.198    1.127   132.0    40.5   5.9
2019 02 06    08 00.27   +35 45.6    0.166    1.138   153.8    22.5   5.5
2019 02 11    05 01.79   +37 55.3    0.309    1.154   115.5    50.6   6.9
2019 02 16    04 08.59   +35 04.8    0.490    1.175    99.8    56.0   8.0
2019 02 21    03 47.11   +33 23.3    0.678    1.201    90.2    55.4   8.8
2019 02 26    03 36.34   +32 23.1    0.866    1.231    82.8    52.9   9.4

     Mag. = 9.0 + 5 log Delta + 7.5 log r

Orbital elements:
    C/2018 Y1 (Iwamoto)
T 2019 Jan. 27.15942 TT                                 MPCW
q   1.1407250            (2000.0)            P               Q
                   Peri.  354.05242     -0.83236045     +0.51328223
                   Node   140.77734     +0.52115657     +0.59647173
e   1.0            Incl.  160.69126     +0.18860516     +0.61705982
From 17 observations 2018 Dec. 18-20.

Ephemeris:
    C/2018 Y1 (Iwamoto)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 11 20    14 13 19.7 -25 24 51   2.4430  1.5601    20.9    13.1  13.9
...
2018 12 05    14 16 39.1 -25 07 58   2.1246  1.4161    33.8    22.8  13.1
...
2018 12 13    14 17 36.8 -24 56 00   1.9189  1.3471    41.3    28.9  12.7
...
2018 12 19    14 17 44.8 -24 43 50   1.7489  1.3000    47.2    33.8  12.4
2018 12 20    14 17 42.5 -24 41 25   1.7193  1.2926    48.2    34.6  12.3
2018 12 21    14 17 38.9 -24 38 52   1.6894  1.2853    49.2    35.4  12.2
...
2018 12 27    14 16 48.4 -24 20 16   1.5028  1.2448    55.5    40.6  11.8
...
2019 01 04    14 13 53.5 -23 42 02   1.2366  1.1997    64.2    47.6  11.3
...
2019 01 19    13 55 20.0 -20 36 00   0.6968  1.1483    84.4    58.5   9.8

(CBET 4588、MPEC 2018-Y52)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.