Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 W3 (Gibbs)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-12-30 13:50
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1891
オンライン
Comet P/2017 W3 (Gibbs)

Alex R. Gibbの通報によると、11月27日、Catalinaスカイサーベイの0.68-m Schmidt望遠鏡に
よって、かすみがかった晴天と平均的なシーイングで得たCCD画像から彗星を発見した。
30秒露出4枚を重ねると6" のコマがp.a. 300°の20"の尾の方向に伸びている。
11月28.5日UT、GibbsのMt Lemmon Steward Observatoryの1.0-m 反射望遠鏡によるフォローアッ
プ観測では、5" x 6"のコマがp.a. 290°の方向に伸びている。尾は、60秒露出4枚を重ねて辛う
じて8"の 尾が見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope Sierra Remote
天文台,0.61-m f/6.5 アストログラフ+輝度フィルター, Auberry, カリフォルニア州, 遠隔操作;
11月29.56日UT、60秒露出10枚スタックでは、強い集光ある6" のコマがあるが尾はない。
3".7の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド全光度は19.4等であった)らCCD位置観測者によって
彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov. 27.51903   11 33 36.25   -10 51 53.2   19.2   Gibbs
          27.52399   11 33 36.51   -10 51 54.9   18.8     "
          27.52895   11 33 36.80   -10 51 56.7   19.0     "
          27.53390   11 33 36.99   -10 51 58.1   19.1     "

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 W3 (Gibbs)
Epoch 2018 Feb. 11.0 TT = JDT 2458160.5
T 2018 Feb. 11.58089 TT                                 MPCW
q   3.8619961            (2000.0)            P               Q
n   0.04190669     Peri.  324.04709     -0.98117440     -0.10578644
a   8.2088147      Node   211.08860     +0.12771141     -0.98299492
e   0.5295306      Incl.   18.23451     -0.14486751     -0.15010070
P  23.52
From 53 observations 2017 Nov. 27-Dec. 19, mean residual 0".5.

    P/2017 W3 (Gibbs)
Epoch 2041 Dec. 27.0 TT = JDT 2466880.5
T 2042 Jan. 4.74996 TT                                  MPCW
q   3.8848892            (2000.0)            P               Q
n   0.04101597     Peri.  325.12180     -0.98270586     -0.09665435
a   8.3272335      Node   210.51998     +0.11805083     -0.98416404
e   0.5334718      Incl.   18.12054     -0.14266463     -0.14859032
P  24.03
From 53 observations 2017 Nov. 27-Dec. 19, mean residual 0".5.

    P/2017 W3 (Gibbs)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2018 Feb. 11.50125 TT                                 MPCW
q   3.8620821            (2000.0)            P               Q
n   0.04195182     Peri.  324.03307     -0.98114800     -0.10603218
a   8.2029273      Node   211.08827     +0.12795717     -0.98296324
e   0.5291824      Incl.   18.23460     -0.14482941     -0.15013475
P  23.49
From 53 observations 2017 Nov. 27-Dec. 19, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    P/2017 W3 (Gibbs)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 11 19    11 26 02.9 -09 58 13   4.2787  3.8993    61.2    12.8  19.6
...
2017 12 04    11 38 56.9 -11 30 44   4.0699  3.8873    72.4    14.0  19.4
...
2017 12 12    11 45 00.6 -12 15 53   3.9534  3.8818    78.7    14.4  19.4
...
2017 12 18    11 49 07.4 -12 47 17   3.8645  3.8782    83.5    14.6  19.3
2017 12 19    11 49 46.2 -12 52 16   3.8496  3.8776    84.3    14.6  19.3
2017 12 20    11 50 24.3 -12 57 12   3.8347  3.8770    85.1    14.6  19.3
...
2017 12 26    11 53 57.8 -13 25 10   3.7452  3.8739    90.1    14.7  19.2
...
2018 01 03    11 58 00.3 -13 57 47   3.6265  3.8702    96.9    14.6  19.2
...
2018 01 18    12 03 11.6 -14 41 46   3.4116  3.8652   110.3    13.8  19.0

(CBET 4462、MPEC 2017-Y44)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.