Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 S9 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-11-3 10:17
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet P/2017 S9 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、9月30日UT、Haleakalaにある1.8-m 
Pan-STARRS1望遠鏡で得たCCD露出から他の彗星を発見した。この天体は、西に向かって10" の
尾が見え、彗星の頭部のFWHM(半値全幅)は1".2のシーイングで1".6であった。
Werykは、9月19.6日のPan-STARRS1露出からこの彗星を見つけたとき、西に向かって約4"の暗い
尾があった。頭部のFWHM(半値全幅)は1".2のシーイングで1".3であった。
R. J. WainscoatとWerykの報告では、10月22.5日UT、WainscoatとC. WipperがMauna Keaに
ある3.6-m Canada-France-Hawaii Telescope (+wバンドフィルタ―)で得た3枚のフォローアップ
60秒のw-バンドCCD露出から、拡がって、西に約10"の低表面輝度の尾が見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope Sierra Remote
天文台,0.61-m f/6.5 アストログラフ, Auberry, カリフォルニア州, 遠隔操作; 10月1.52日UT、
60秒露出14枚スタックでは、この天体は西に伸びた4" x 10"のコマが見える。5".0の円形範囲で
測定したこの彗星のw-バンド全光度は20.5等であった)やCCD位置観測者によって彗星状と観測され
た。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.19.60005    4 44 09.25   + 4 17 09.4   21.6
          19.60855    4 44 09.66   + 4 17 06.3   21.9
          19.61707    4 44 10.11   + 4 17 03.1   21.7
          19.62559    4 44 10.55   + 4 17 00.5   21.6
          30.59048    4 52 14.81   + 3 07 06.6   22.0
          30.59126    4 52 14.84   + 3 07 06.4   21.7
          30.60198    4 52 15.19   + 3 07 02.2   21.6
          30.60277    4 52 15.23   + 3 07 01.7   21.5
          30.61351    4 52 15.59   + 3 06 57.3   21.8
          30.61431    4 52 15.62   + 3 06 57.0   21.7
          30.62499    4 52 15.97   + 3 06 52.9   21.7
          30.62579    4 52 15.98   + 3 06 52.5   21.6        

楕円線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 S9 (PANSTARRS)
Epoch 2017 July 26.0 TT = JDT 2457960.5
T 2017 July 23.55681 TT                                 MPCW
q   2.1950597            (2000.0)            P               Q
n   0.17577822     Peri.  237.89636     +0.89849554     -0.41744020
a   3.1561624      Node   146.21357     +0.43751837     +0.87680456
e   0.3045162      Incl.   14.13769     -0.03582513     +0.23865759
P   5.61
From 39 observations 2017 Sept. 19-Oct. 22, mean residual 0".4.

    P/2017 S9 (PANSTARRS)
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5
T 2023 Feb. 26.32560 TT                                 MPCW
q   2.1915208            (2000.0)            P               Q
n   0.17577352     Peri.  237.53232     +0.90116006     -0.41165040
a   3.1562186      Node   146.20894     +0.43187244     +0.87959769
e   0.3056499      Incl.   14.13792     -0.03737310     +0.23843624
P   5.61
From 39 observations 2017 Sept. 19-Oct. 22, mean residual 0".4.

    P/2017 S9 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 July 23.55154 TT                                 MPCW
q   2.1950575            (2000.0)            P               Q
n   0.17577730     Peri.  237.89517     +0.89850883     -0.41741107
a   3.1561734      Node   146.21292     +0.43749042     +0.87681794
e   0.3045194      Incl.   14.13761     -0.03583315     +0.23865939
P   5.61
From 39 observations 2017 Sept. 19-Oct. 22, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    P/2017 S9 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 09 28    04 50 38.1 +03 24 24   1.6601  2.2355   111.8    24.6  21.6
...
2017 10 13    04 57 14.1 +01 40 59   1.5434  2.2553   123.7    21.6  21.5
...
2017 10 21    04 57 55.2 +00 45 22   1.4914  2.2673   130.4    19.5  21.4
...
2017 10 27    04 57 06.5 +00 05 52   1.4584  2.2770   135.6    17.8  21.4
2017 10 28    04 56 52.0 -00 00 25   1.4534  2.2786   136.4    17.5  21.4
2017 10 29    04 56 35.7 -00 06 35   1.4487  2.2803   137.3    17.2  21.4
...
2017 11 04    04 54 21.7 -00 40 59   1.4239  2.2906   142.3    15.3  21.4
...
2017 11 12    04 49 55.9 -01 17 57   1.4016  2.3052   148.6    12.9  21.4
...
2017 11 27    04 38 32.0 -01 49 12   1.3980  2.3348   156.1     9.8  21.4

(CBET 4448、MPEC 2017-U237)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.