Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 D1 (Fuls)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-3-8 18:04
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1784
オンライン
Comet P/2017 D1 (Fuls)

D. C. Fulsの通報によると、2月21日UT、Mt Lemmonサーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星
を発見した。この天体は、3"の核状集光とp.a. 270°に向かって15"の尾がみえる。
2月22.3日UT、A. R. GibbsがMt LemmonにあるSteward天文台の1.0-m 反射望遠鏡で得た4枚の追加した150
秒のフォローアップCCD露出から、平均的な透明度とシーイングで、ほぼ恒星状のコンパクトなコマと、
p.a. 260°に向かって10°にわたる10"の尾が見える。
R. Werykによって意図的に捜索したHaleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得られた画像は、2015年
9月8日-2016年3月6日にわたり、明らかに多くの小惑星の発見前のイメージを得た。
発見前の小惑星観測は、小惑星センターのG. V.Williamsによって2016年11月5日に得たMt. Lemmon画像か
ら同定された(この彗星の光度は19.9-20.2等と測定された)。 Pan-STARRS1の2015-2016年前発見の光度は
21.5-23.0等であった。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Feb. 21.35095   10 20 46.95   +39 10 12.6   19.8     "
          21.36505   10 20 46.36   +39 10 16.3   20.2     "
          21.37920   10 20 45.68   +39 10 19.7   20.8     "
          21.39343   10 20 45.03   +39 10 23.4   20.6     "
          21.46740   10 20 41.65   +39 10 40.6            "
          21.48167   10 20 40.90   +39 10 44.8   21.1     "
          21.51027   10 20 39.39   +39 10 51.9   19.7     "

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 D1 (Fuls)
Epoch 2016 June 21.0 TT = JDT 2457560.5
T 2016 June 28.28412 TT                                 MPCW
q   2.6877904            (2000.0)            P               Q
n   0.09364668     Peri.    7.25509     +0.01525145     -0.93631033
a   4.8025785      Node    82.33543     +0.89867478     -0.14099150
e   0.4403443      Incl.   20.73248     +0.43835035     +0.32162766
P  10.52
From 55 observations 2015 Sept. 8-2017 Feb. 27, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    P/2017 D1 (Fuls)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 01 30    10 36 18.3 +36 39 00   2.1669  3.0593   149.9     9.3  20.5
...
2017 02 14    10 26 19.8 +38 32 20   2.1921  3.1063   153.3     8.2  20.6
...
2017 02 22    10 20 17.6 +39 12 54   2.2295  3.1320   151.1     8.8  20.7
...
2017 02 28    10 15 50.2 +39 32 37   2.2682  3.1517   147.9     9.6  20.8
2017 03 01    10 15 07.0 +39 34 59   2.2755  3.1550   147.3     9.8  20.8
2017 03 02    10 14 24.4 +39 37 05   2.2831  3.1583   146.6     9.9  20.8
...
2017 03 08    10 10 23.6 +39 44 16   2.3332  3.1782   142.4    11.0  20.9
...
2017 03 16    10 05 53.7 +39 39 59   2.4122  3.2052   136.2    12.4  21.0
...
2017 03 31    10 00 53.5 +38 54 55   2.5926  3.2567   123.9    14.8  21.2

(CBET 4365、MPEC 2017-E04)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.