Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2008 L2 = 2023 L1 (Hill)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-6-23 0:45
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2517
オンライン
Comet P/2008 L2 = 2023 L1 (Hill)

6月1日、2日と8日UT、R. Kresken、F. Ocana、M. MicheliとL. Conversiは、北チリ、アタカマ砂漠、
ESA (欧州宇宙機関)のLa Silla天文台にあるTBT (実証試験用望遠鏡 Test Bed Telescope 2) 0.56-m 
f/2.52 アストログラフで得た画像から、恒星状のP/2008 L2 (IAUC 8953,8960参照)を検出した。
MPC 75709のG. V. Williamsの予報に対する修正値は、Delta(T) = -1.08 daysであった。
NK 1840 & HICQ's 2021 CometHandbookの中野主一氏の軌道に対応する修正値は、Delta(T) 
= -1.09 daysであった。
彗星年表2021の佐藤裕久の予報軌道に対する修正値は、Delta(T) = -1.10 daysであった。

検出位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     June  1.39417    1 26 12.20   +20 01 01.2          Kresken
           1.40409    1 26 13.42   +20 01 05.4   18.8     "
           1.41373    1 26 14.60   +20 01 08.6   18.4     "
           1.42369    1 26 15.80   +20 01 12.4   19.0     "
           2.42665    1 28 15.75   +20 07 26.3   18.5     "
           8.38774    1 40 04.29   +20 42 20.2   18.1     "
           8.42302    1 40 08.45   +20 42 31.4   18.6     "

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2008 L2 (Hill)                                                            
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 May  9.96541 TT                                  Rudenko                 
q   2.3299286            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06656370     Peri.  141.26284     +0.96130617     +0.06072955             
a   6.0299136      Node   218.01551     -0.07483315     +0.99628785             
e   0.6136050      Incl.   25.86792     +0.26512347     +0.06101182             
P  14.8                                                                         
From 624 observations 2008 June 12-2023 June 8, mean residual 0".5.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 05 13    00 46 56.6 +17 42 31   3.0755  2.3301    35.6    14.6  18.6
...
2023 05 28    01 17 23.9 +19 32 32   2.9883  2.3354    42.0    16.9  18.6
...
2023 06 05    01 33 22.4 +20 22 55   2.9371  2.3412    45.5    18.0  18.5
...
2023 06 11    01 45 11.8 +20 56 26   2.8967  2.3470    48.3    18.8  18.5
2023 06 12    01 47 09.1 +21 01 39   2.8897  2.3481    48.8    19.0  18.5
2023 06 13    01 49 06.1 +21 06 45   2.8828  2.3492    49.2    19.1  18.5
...
2023 06 19    02 00 41.8 +21 34 57   2.8398  2.3565    52.1    19.9  18.5
...
2023 06 27    02 15 49.3 +22 05 52   2.7797  2.3681    56.1    20.9  18.5
...
2023 07 12    02 42 53.0 +22 41 41   2.6590  2.3951    64.0    22.4  18.4

(MPEC 2023-L67、CBET 5270)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.