Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 M4 (TESS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-5-22 22:25
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2484
オンライン
Comet C/2019 M4 (TESS)

2022年6月、トランジット系外惑星探索衛星 (Transiting Exoplanet Survey Satellite:TESS)
で発見された小惑星状天体の位置観測が行われ、小惑星センターへ報告された。
TESSは、長楕円地球周回軌道 (月周回軌道)にあり、10-cm f/1.4カメラレンズ4枚、視野24×24°、
600-1000nmのバンドパスを持っている。
2019年、P.Veres(小惑星センター)が、ほぼ放物線を描く軌道に注目し、追加観測のためのアー
カイブ検索を期待し、それを小惑星センターのPCCP webpageに掲載した。
S. Deen (Simi Valley, カリフォルニア州, 米国) の報告によると、Cerro Tololoの4-m望遠鏡
(+DECam)で得た公開アーカイブデータから、彗星像を確認した。
Deenの彗星活動報告によると、7月19日の画像では、0".8のシーイングで1".5(半値全幅:FWHM)の
やや集光したコマが見え、8月9日は、1"のシーイングで1".5(FWHM)のやや集光したコマがあり、
p.a. 224°に12"の尾があった。9月14日は、1".5のシーイングで2".5(FWHM)の少し集光したコマ
と、p.a. 250-275°に渡って7"の広い尾があった。12月9日は、0".6のシーイングで1".25(FWHM)
の非常に集光したコマと、p.a. p.a. 231°に10"の尾があった。12月22日は、0".6のシーイング
で1".25(FWHM)の非常に集光したコマと、p.a. p.a. 228°に18"の尾があった。

彗星機能は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
W84  2019-08-09  S. Deen            3".5     12"    224 
W84  2019-09-14  S. Deen            4".5      7"    250-275
W84  2019-12-09  S. Deen            4"       10"    231
W84  2019-12-22  S. Deen            6"       18"    228

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 27.11424    1 19 29.25   -79 21 12.4   18.9
          27.13507    1 19 30.18   -79 21 21.3   19.0
          27.17674    1 19 34.53   -79 21 32.8   18.9
          27.34341    1 19 45.52   -79 21 59.1   19.5
          27.40591    1 19 49.84   -79 22 17.4   19.5

確認したアーカイブ観測の位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     July 19.43798    1 39 27.53   -80 43 15.2   18.9
     Aug.  9.38022    1 41 23.89   -81 58 32.3   19.8
           9.38375    1 41 23.78   -81 58 33.0   19.7
     Sept.14.10354    0 52 55.14   -83 09 29.8   18.7
     Dec.  9.06466   23 32 27.07   -76 11 35.0   19.4
          22.13379   23 40 22.93   -74 30 25.8   19.6
          22.13722   23 40 23.07   -74 30 24.2   19.0

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 M4 (TESS)                                                            
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2019 Sept. 12.55589 TT                                Rudenko                 
q   9.1872063            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0004600      Peri.  260.37108     +0.22117767     +0.65298105             
 +/-0.0000226      Node    52.64252     +0.00940704     +0.74129152             
e   1.0042259      Incl.   65.68537     -0.97518816     +0.15525023             
From 88 observations 2019 June 27-Dec. 22, mean residual 0".3.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 04 12    02 43 40.5 -22 55 34  12.4921 11.7126    37.5     3.0  21.2
...
2023 04 27    02 48 41.8 -22 02 53  12.5555 11.7624    36.5     2.9  21.2
...
2023 05 05    02 51 25.5 -21 38 53  12.5708 11.7890    37.7     3.0  21.2
...
2023 05 11    02 53 28.1 -21 22 50  12.5738 11.8091    39.2     3.1  21.2
2023 05 12    02 53 48.4 -21 20 19  12.5736 11.8124    39.6     3.1  21.2
2023 05 13    02 54 08.7 -21 17 51  12.5733 11.8157    39.9     3.1  21.2
...
2023 05 19    02 56 09.6 -21 04 03  12.5670 11.8358    42.1     3.3  21.2
...
2023 05 27    02 58 46.8 -20 48 22  12.5480 11.8627    45.7     3.5  21.2
...
2023 06 11    03 03 22.9 -20 27 16  12.4823 11.9132    54.0     4.0  21.2

(MPEC 2023-J102、CBET 5257)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.