Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 H11 (PANSTARRS-Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-5-2 12:18
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2463
オンライン
Comet C/2020 H11 (PANSTARRS-Lemmon)

小惑星センターの発表によると、2020年4月21日〜5月20日、D. Rankin、D. BambergerとB. 
Grayは、小惑星センターの "isolated tracklet file" (ITF) から、結合できる5つの別々
の一夜観測を見つけた。2020年5月15日、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た画
像から、非常に集光した5" のコマと11" のまっすぐな尾が見つかり、準放物線軌道である
ことが判明した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)
の報告によって、HaleakalaのPan-STARRS1とPan-STARRS2 (いずれも1.8-m Ritchey-Chretien
反射望遠鏡)による発見前の観測があることが分かった。

彗星機能は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2020-04-21  R. Weryk           0".4                          4x45s
F51  2020-04-27  R. Weryk           0".4                          4x45s
F51  2020-05-17  R. Weryk           0".4                          4x45s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Apr. 21.57079   15 24 23.96   +14 43 26.6   22.1
          21.58175   15 24 23.44   +14 43 29.9   22.3
          21.59266   15 24 22.89   +14 43 33.4   22.1
          21.60355   15 24 22.37   +14 43 37.2   22.2
          27.52191   15 19 30.13   +15 13 06.9   21.8
          27.53373   15 19 29.52   +15 13 10.0   22.0
          27.55735   15 19 28.34   +15 13 16.7   21.8
     May  15.31358   15 04 19.59   +16 23 53.4   21.2
          15.31833   15 04 19.32   +16 23 55.2   21.1
          15.32307   15 04 19.04   +16 23 56.3   21.5
          15.32783   15 04 18.87   +16 23 56.7   21.7

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 H11 (PANSTARRS-Lemmon)                                               
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2020 Sept. 15.35384 TT                                Rudenko                 
q   7.6283636            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0003090      Peri.   91.48268     -0.74997413     -0.52584991             
 +/-0.0000081      Node   303.03008     -0.60937060     +0.78523298             
e   1.0023570      Incl.  151.40421     +0.25730581     +0.32694195             
From 53 observations 2019 June 2-2021 May 8, mean residual 0".3.                
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 03 29    10 43 40.9 +27 23 06   8.7005  9.4916   140.5     3.8  23.0
...
2023 04 13    10 35 01.0 +27 30 03   8.9272  9.5443   125.5     4.9  23.1
...
2023 04 21    10 31 04.0 +27 28 03   9.0681  9.5726   117.4     5.3  23.1
...
2023 04 27    10 28 26.9 +27 24 11   9.1806  9.5940   111.4     5.6  23.1
2023 04 28    10 28 02.5 +27 23 22   9.1999  9.5975   110.4     5.6  23.1
2023 04 29    10 27 38.6 +27 22 29   9.2192  9.6011   109.4     5.7  23.1
...
2023 05 05    10 25 26.0 +27 16 14   9.3376  9.6225   103.5     5.8  23.2
...
2023 05 13    10 22 57.9 +27 05 28   9.4998  9.6512    95.6     6.0  23.2
...
2023 05 28    10 19 46.8 +26 39 06   9.8084  9.7052    81.2     5.9  23.3

(MPEC 2023-H237、CBET 5249)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.