Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2014 R5 = P/1998 W9 = P/2006 S14 = P/2022 L5 (Lemmon-PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-7-14 22:59
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2348
オンライン
Comet P/2014 R5 = P/1998 W9 = P/2006 S14 = P/2022 L5 (Lemmon-PANSTARRS)

P/2014 R5 (CBET 3987参照) が、2022年6月7日、 A. MauryとG. Attardは、チリ San Pedro 
de Atacamaにある0.28-m f/2.2 Schmidt アストログラフで得たCCD画像から偶然検出(新天体
として報告)された。
Mauryによると、Attardがこの天体を小惑星センターのNEOCP web pageに投稿した。
それが、明らかにP/2014 R5と自動的に同定され削除された(不注意に、観測を確認せずに、
MPEC 2022-M21を報告した。限界に近かったため、Mauryは、彼がそれらのイメージにおいてど
のような彗星活動も確認することができないとつけ加えた。
W. Hasubick (Buchloe, ドイツ)は、MPEC 2022-M21の検出に気づき、7月2日、0.44m f/4.6 反射
望遠鏡でフォローアップCCD位置観測を行った。MPEC 2022-N37に掲載されたが、検出に気づかれ
なかった。Hasubickは、彼の画像には彗星活動は見られないと述べている。
中野主一氏(中央局)は、P/2014 R5について、その2つのMPECの最初の2晩の位置観測に気づき、
その後、2014年の観測とリンクした軌道を作成した。そこから、小惑星センターの小惑星と思わ
れる一連の一夜観測を特定した。そこから、1998年と2006年の小惑星センターの "isolated 
tracklet file (分離型トラックレットファイル:ITF)"にある、以前はリンクされていなかった、
明らかに小惑星のような一夜観測を特定した。
1998年11月22日の観測と2006年10月15日と23日の観測は、Kitt Peakの0.9-m f/3 Spacewatch 反射
望遠鏡で行われたものである。2006年9月25日と11月15日の観測は、Mt Lemmon サーベイの1.9m 
f/3反射鏡で行われた。
ICQ's 2021 Comet HandbookとNK 3983の中野主一氏の予報に対し、Delta(T)は、-0.99 dayであった。
MPC 91615の予報に対するDelta(T)は、-1.04 daysであった。
彗星年表2021, 2022の佐藤裕久の軌道要素の修正値は、Delta(T) = -0.91 dayであった。

検出位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     June  7.40262   22 55 30.80   - 7 07 35.5   20.0   Maury
           7.40829   22 55 31.15   - 7 07 33.9   20.0     "
           7.41388   22 55 31.51   - 7 07 32.2   19.9     "
     July  2.02813   23 19 08.81   - 4 53 54.2   19.7   Hasubick
           2.03071   23 19 08.89   - 4 53 54.5   20.4     "
           2.03329   23 19 08.94   - 4 53 54.3   20.0     "
           7.42159   23 22 53.41   - 4 33 33.6   19.5   Virlichie
           7.43051   23 22 53.76   - 4 33 31.6   19.1     "
           7.43274   23 22 53.85   - 4 33 31.2   19.2     "

過去の位置観測は次のとおり、

     1998 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov. 22.28397    3 41 50.05   +18 08 04.7   21.1   Spacewatch
          22.30708    3 41 48.93   +18 08 00.7   20.4     "
          22.34829    3 41 47.20   +18 07 55.5   18.2     "

     2006 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept.25.42365    2 58 34.78   +15 19 33.7   20.1   Mt. Lemmon
          25.43032    2 58 34.71   +15 19 33.1   20.1     "
          25.43714    2 58 34.57   +15 19 32.5   19.5     "
          25.44380    2 58 34.46   +15 19 31.3   19.9     "
     Oct. 15.33041    2 49 46.70   +14 34 15.8          Spacewatch
          15.34782    2 49 46.06   +14 34 12.1            "
          15.36579    2 49 45.29   +14 34 08.9            "
          23.31226    2 44 17.90   +14 08 17.6   20.7     "
          23.32970    2 44 17.07   +14 08 13.8   20.4     "
          23.34713    2 44 16.19   +14 08 10.9   20.2     "
     Nov. 15.25942    2 27 29.16   +12 51 16.7   19.9   Mt. Lemmon
          15.26718    2 27 28.80   +12 51 16.5   19.6     "
          15.27502    2 27 28.58   +12 51 14.9   19.6     "
          15.28299    2 27 28.22   +12 51 12.6   20.2     "

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2014 R5 (Lemmon-PANSTARRS)                                                
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Aug. 17.81161 TT                                 Rudenko                 
q   2.3781254            (2000.0)            P               Q                  
n   0.12048940     Peri.  213.73570     +0.94138387     +0.33699204             
a   4.0597892      Node   126.56324     -0.30515331     +0.86997807             
e   0.4142244      Incl.    1.08839     -0.14379799     +0.35996462             
P   8.18                                                                        
From 114 observations 2014 Sept. 7-2022 July 2, mean residual 0".6.             
                                                                                
    P/2014 R5 (Lemmon-PANSTARRS)                                                
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Aug. 17.83783 TT                                 Rudenko                 
q   2.3785360            (2000.0)            P               Q                  
n   0.12048786     Peri.  213.73785     +0.94142717     +0.33687101             
a   4.0598238      Node   126.56846     -0.30504152     +0.87001845             
e   0.4141283      Incl.    1.08854     -0.14375168     +0.35998030             
P   8.18                                                                        
From 132 observations 1998 Nov. 22-2022 July 2, mean residual 1".5.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 06 08    22 56 11.8 -07 03 43   2.1348  2.4318    94.3    24.6  20.5
...
2022 06 23    23 11 37.9 -05 35 46   1.9470  2.4119   104.5    24.1  20.3
...
2022 07 01    23 18 21.6 -04 58 10   1.8520  2.4031   110.4    23.4  20.1
...
2022 07 07    23 22 36.8 -04 35 05   1.7838  2.3974   115.0    22.6  20.1
2022 07 08    23 23 15.1 -04 31 42   1.7728  2.3965   115.8    22.5  20.0
2022 07 09    23 23 52.2 -04 28 27   1.7618  2.3956   116.6    22.3  20.0
...
2022 07 15    23 27 08.0 -04 11 52   1.6982  2.3909   121.4    21.3  19.9
...
2022 07 23    23 30 13.8 -03 58 01   1.6194  2.3858   128.2    19.5  19.8
...
2022 08 07    23 31 53.5 -03 59 16   1.4957  2.3798   142.2    15.1  19.6

(MPEC 2022-N51、CBET 5149)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.